プロフィール

運はみんなに平等

Author:運はみんなに平等
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

早期退職を考える人たちへ
早期退職が盛んな日本の製造業。去るか、残るか悩んでいる人たちへの参考として私の経験を伝えます。 左下「カテゴリ」を目次代わりにしています。
入り江を泳ぐ気分
大学の研究室で働きはじめてもう四ヶ月半が過ぎました。仕事自体も
面白いし、極めて自由な働き方ができているし、学生や研究者らとの
交流も一つひとつが新鮮な視点を与えてくれます。職場としては何ひ
とつストレスを感じない理想郷です。その上生活するには十分な収入
を与えてくれます。

にもかかわらず何となく物足りなさを感じます。ぜいたくな話ですが
ほんとうです。

自営業で過ごした三年間は収入は不安定でしたがいつも次の仕事を生
み出そうと思いをめぐらせていました。バイトやパートで繋いだ期間
もありましたが、いつも遠い先の働き方や生活に焦点があたっていた
ように思います。

外海で餌が採れなくなった時期に今回の仕事の話が届きエントリーし
ました。大学の研究員であることに家族が安心しています。これなに
よりのご褒美です。

研究室での仕事は会社と違いいついつまでにどうだとか、毎週、毎日
進捗が管理され尻を叩かれるということもありません。それぞれが独
自のテーマを抱え、自分で答えを見出す作業が繰り返されます。その
点いまのところまずまずの進みが得られているように感じられて十分
満足のゆく日々を送ることができています。ま、こういったうぬぼれ
が大事なんです。

でもなんか欠けているものがあるようで、ときどき陰がよぎります。
最近になってその正体がわかってきました。海を泳いでいる気持ちが
足りないのです。自分で餌をとっている感覚が小さいのです。仕事は
自分で考え実行し結果を見て次に進むという主体性が重んじられてい
ますから、やらされている感は全くないのです。でも自営業者として
顧問先の会社経営者と向き合っていたときの独特の緊張感が希薄です。

プールで泳いでいるとき、調子がいいと両手、両足に大きな水の抵抗
を感じます。その分速く進みます。調子がわるいと軽く回ってしまい
25m泳ぐのにストロークが多くなります。なんかこれと同じみたい。

自分で獲物に狙いをつけ、それを追ってゆく。その手応えがすくない
のだと気づきました。もっと研究分野の電気化学を勉強して深みを知
るか、並行して別の獲物を見つけるかしないといけないです。自営業
をしていた人が店をたたんだ後、なかなかサラリーマンになじめない
のもわかります。

いちど囲いのない場所で泳いだ経験をもつと、たとえ入り江でも狭く
感じてしまうのかもしれません。あるいは波が穏やかで刺激が少ない
のかもしれません。

幸い残業と休日出勤が慢性化しているような時間に追われる職場では
ないので新たなテーマを併せ持つことは十分にできます。贅沢な境遇
ですが潮目に乗ってあちこち流れてゆくとこういった穏やかな日々も
あるんだなあと思います。

これまでのように海外工場に出張ってゆくような仕事を並行させるこ
とはできませんから週末や帰宅後の時間をつかってのテーマ。やはり
製品開発でしょうか。木工でも機械・電気工作、2冊目の本でもいい。

台東区の職人さん工房を訪ね歩いたときのように犬も歩けば棒にあた
るだろうとあちこち歩き回る時間を持つことにしました。下戸に戻っ
てしまったのでビール片手にってわけにはいかなくなったけど。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://soukitaishoku1210.blog.fc2.com/tb.php/98-534320b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)