プロフィール

運はみんなに平等

Author:運はみんなに平等
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

早期退職を考える人たちへ
早期退職が盛んな日本の製造業。去るか、残るか悩んでいる人たちへの参考として私の経験を伝えます。 左下「カテゴリ」を目次代わりにしています。
幼女連れ去り犯に間違えられたかな

 先週の月曜日朝9時ころ、図書館に向かう途中で「幼女連れ去り男」に
間違えられたみたいです。

自宅にいる日は午前中、近くの区立図書館で作業することにしています。
毎朝9時前に家を出て、ちょうど昼のNHKニュースが始まる頃に戻ってき
ます。

この日はいつものように家を出て、裏手にある小学校の校門が見える角
を左に曲がったとき、リュックサックを背にした女の子が建物の壁に向
かってべそをかいていたのです。怒られたのか、転んだのか、深く考え
ずに通り過ぎようとしました。でも周りに親らしい人がいませんでした。

月曜日です。学校に来たんじゃないのかな。もう9時だし。しかもランド
セルじゃなくてリュックサックです。なにか事情があるんじゃないかと
オジサンは気になって通り過ぎた数メートルを戻ってきました。

「どうしたの、お嬢ちゃん、学校に行かないの」の声をかけてみました。
目と鼻の先に小学校の校門が見えます。返事をもらえないのでこっちか
らいろいろ質問します。

中腰になって話を聞いていると、ことし入学したばかりの1年生の女の子
でした。お父さんと一緒にきたのかわかりませんが「お父さん、仕事に
行っちゃった」と小さな声で答えてくれました。お母さんは家にいるの、
ときくと首を横に振るだけでした。

こんなやりとりをしている間、小学校の校門に居た数人の自転車にまた
がったお母さんたちがチラチラとこちらを見ているのがわかりました。
さすがの私もなんか疑われているんじゃないかと察しました。

そのうちひとりのお母さんが電チャリを駆って私たちを横目で見ながら
すり抜けて角を曲がっていきました。このお母さんはたぶん心配してる
んだろうなあと思いましたよ。私も。するとものの1分も経たない内に
戻ってきて、またもとの校門の前に集まっていたお母さんたちの群れに
加わりました。斥候、偵察に派遣されたのでしょうか。

子供の様子を知ろうと、学校名を確かめたり、クラスを聞いたりしまし
た。その女の子はその小学校に入ったばかりの1年生でした。そうと判
れば学校につれてゆけば安全だろうと思ったとき、新たな派兵が近づい
てきました。

勇気をもったひとりのお母さんがやはり電チャリで近づいてきて私に声
をかけました「おはようございます」。そして私の返事を待たず女の子
にどうしたのって声をかけました。「そうなんだ。1年○組なら担任の
先生は○○先生だね。私の二人の子供もこの学校の4年と2年生なんだよ」
って。勇気をもったお母さんは二人の子供をその小学校に通わせている
母親でした。

私から状況説明を聞いた勇気あるお母さんは「今日は開校記念日なので
学校はお休みなんです」と。だからランドセルじゃなくてリュックサッ
クだったのか。合点がいきました。

そういえば女の子が「スマイルなの、友達がいるかわからない」って訴
えていました。そうか、クラスじゃないから知らない人たちと一緒にな
るのが不安だったんだ。

そのお母さんが「ありがとうございます。私が学校の先生に引継ぎしま
すから大丈夫です」と言ってくださり、女の子も安心したようについて
行きました。

この話を夜家族に「今日さ、おもしろいことがあったんだよ」って話す
とキャッキャ言って面白がってた娘とは対照的に家内が複雑な表情をし
ていました。そうだよな。

私と話をしたお母さんは私の本意をたぶん理解し、でも自分が扱った方
が安全と判断し引き取ったのでしょう。ということは、そのお母さんに
しても、さらに校門前にたむろしていたお母さんたちにしてみれば変態
から子供を救ったとの思いだったのかもしれません。

これはまずい。なにしろ自宅のすぐ裏手の小学校前でのことです。私と
家内、あるいは娘との関係を知っている人たちが集まっている場所です。
家内や娘を見かけた人たちが「知ってる?あの人の旦那が・・・」とか
「あの子のお父さんが・・・」になってたら。

私のせいじゃないです。変態男があっちこっちに出没するからこうなる
んです。困ったもんです。

これからは図書館に出かけるにしても、よれたTシャツとよれたGパンで
起きたままの髪じゃなく、身なりを整えることにしましょうか。
めんどくさいなあ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://soukitaishoku1210.blog.fc2.com/tb.php/81-d66641a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)