プロフィール

運はみんなに平等

Author:運はみんなに平等
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

早期退職を考える人たちへ
早期退職が盛んな日本の製造業。去るか、残るか悩んでいる人たちへの参考として私の経験を伝えます。 左下「カテゴリ」を目次代わりにしています。
天敵は組織と自分自身
 開業して1年、それなりに近海を泳いできました。まだ期待していた
魚には出会っていませんが外洋を泳いだだけの経験を積むことができた
と感じています。

マリンバークで飼育されていたころはその具体的なイメージを持ってい
なかった天敵。退職し間もない頃、生簀の中を「天敵もなく」と表現し
ました。でも自分で泳ぎだす外洋の天敵に具体的なイメージは持ってい
ませんでした。

開業して1年を過ごした今、漠然と感じていた天敵をはっきりした対象
として把握するにいたりました。

今の活動の中にある天敵は二つ、「組織」と「自分自身」です。

いくつかの会社と顧問契約し量産現場の改善、品質と効率を高める仕事
をしました。私と契約するのはそれぞれの会社の責任者、社長さんたち
です。自分のやりたいことに不安があるので相談に乗ってほしいと依頼
されタイやら中国やらに出向いてきました。私の考える理想工場の実現
に立ちあえるかもしれないとの思いがありました。

でもそれは夢に終わってしまいました。とっても残念です。

私に仕事を依頼してくる人、それはそれぞれの会社のトップの人たちで
す。現状や今後に不安を抱えているから相談に訪れるのでしょう。

でも彼らは当事者ではなかったのです。さらに言うと当事者の上司だっ
たのです。それでも作業は難航を極めました。現場で働くローカルメン
バー達には大いに喜ばれたものの、体制を変えるまでのことはできなか
ったのです。

私は自営業者です。上司も部下もいません。私自身が組織から圧力を受
けることはありません。組織の圧力を受けていたのは私と契約した経営
者自身でした。

仕事がうまく進まない、不安定だ、不安がある。これらが依頼の主な理
由です。でも依頼してくるのはその事業の責任者ではなく、はたから見
ている経営者です。彼らが私を雇い、責任者の方向性を是正しようとす
るのです。

しかしその事業を担当している当事者には問題意識はありません。自分
が正しいと感じ、頂点に立ち号令を下すことに自分の価値を見出してい
ます。たとえそれが自分の上司であろうとも、勝手に送り込んできたど
こぞの馬の骨に貸す耳などもっていません。

最初の会社では本社の実質的なオーナーがタイ工場の改革が進んでいな
いとの思いから私を送り込みました。もう一方の契約では新たに受注し
た経験したことのない数百点に及ぶ組立て品の歩留まりを心配した中国
量産工場の董事長が私を呼びました。

それなりの活動はできたものの、満足のゆく結果には至りませんでした。
それは私と契約した人たちは直接その工場の、あるいはその受注業務に
責任を負う立場でなかったのです。その責任者のさらに上の立場の人達
なのです。

たとえば私のアドバイスが的を射たものと感じてもらえてもその実行を
指示することはできなかったのです。遠巻きに「あいつも判ってくれた
らなあ」と期待していただけでした。

いまの仕事の進め方に問題がある。外部からの意見が必要だ。でもその
意見が有用だと感じても当事者に強制することはできない。判断すべき
責任は当事者にある。これが私が今回対峙した組織でした。

日本航空が破綻しました。そして再上場を果たしました。これは今まで
の責任者の権限が一旦白紙に戻され、あたらしい秩序が生成されたため
でしょう。稲盛さんはその名手でした。バブル期の不良債権処理に奔走
された中坊公平さんもそんなひとりだったろうと思います。

自立し仕事をする中で始めて実感した天敵は、退職した理由と同じ組織
でした。特定の企業を対象とした顧問業務の天敵は契約した企業の組織、
権限の構造でした。

このことは漠然とした問題意識のなかで助言を求めてきた会社と契約し
たことのツケだと思います。こちらからはまず自分から「こういう人間
がいるんだけど」と発信しそれに反応を求めるようにしないといけない。

もう一つの天敵は、このような経緯で契約を終了させた自分自身です。
もっとうまく接していれば契約が継続できたんではないか。収入が得ら
れたんじゃないかというサモシイ自分自身です。

自分の評価者を探すために独立したのにうけ狙いに気持ちが動く。これ
が怖いです。ここはなんとしてもツッパッていかないと。「こんな人間
がここにオリマス」と発信することが先決だったのです。

目の前にいる客がすきそうな曲をかく。うけそうな本を書く。そんなこ
とやってたら上司にゴマすってるサラリーマンとなんら変わらない。

家族の不安をよそに自分を発信することに全力をあげています。幸いな
ことにこれまでの2年半、生活のために退職金を切り崩すようなことは
なかったのです。もうしばらくの間はなんとかなるんじゃないかと。

自分にまで負けてちゃはなしにならないでしょ。
そう決めて毎日、夕方ビール片手に散歩にでかけ本音を確かめます。

関連記事
スポンサーサイト

コメント
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。
退職すると日々の時間の流れ方が一新します。そのことに慣れるだけでも
けっこうな期間が必要になると思います。
まずはサラリーマンの垢を念入りに落として、ゆっくりとスタートを切れば
いいのではないでしょうか。
先はまだまだ長いんですから。

> こんにちは
>
> 以前、ブログを参考にさせていただいています、と書き込んだ者です
> 5月から、晴れて私も、”早期退職者”になりました

[2015/06/09 00:27] URL | 運はみんなに平等 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。
ここに書いていることは、自分から発信しているというよりも
自分自身に向かって書いているようなものだと感じています。
本音から逸れてゆかないよう、自分に向けて発破をかけているのでしょう。

> 非常に考えさせられる内容で、現在の自分に置き換えながら読まさせてもらっています。
[2015/06/09 00:20] URL | 運はみんなに平等 #- [ 編集 ]


こんにちは

以前、ブログを参考にさせていただいています、と書き込んだ者です
5月から、晴れて私も、”早期退職者”になりました
最近も、健康保険、国民年金のブログを参考させていただきました
本当に、大切なポイントをまとめていただいており、感謝しております

天敵は、まさしく自分だと思います
先日も、自分が緩み切っているなと思うことがあり、
そろそろ自分の中のギアを切り替えねばと感じていたところでした

その意味で、先を行く方がブログの形で自身の思いや活動を表現して下さることに、
とても励まされます
本当に、ありがとうござます
[2015/05/10 12:49] URL | 通りすがりの前の会社はソニーです #- [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2015/05/10 12:48] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://soukitaishoku1210.blog.fc2.com/tb.php/78-0f563176
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)