プロフィール

運はみんなに平等

Author:運はみんなに平等
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

早期退職を考える人たちへ
早期退職が盛んな日本の製造業。去るか、残るか悩んでいる人たちへの参考として私の経験を伝えます。 左下「カテゴリ」を目次代わりにしています。
青色申告してみました
 開業して初めての決算時期が到来し青色申告なるものをやってみまし
た。自営業の申告方法には青色と白色(昔使われていた申請書の色の違
い)があります。青色は複式簿記を義務付けられる代わりに売上げから
65万円の控除が受けられるという節税がメリットです。

青色申告するためには会計帳簿を作成する必要があります。これはよく
耳にする「損益計算書」と「貸借対照表」の二つの決算報告書の作成が
必要条件です。自立を目指して簿記を勉強したので(3級だけど)複式簿記
をやってみました。

これは一つの金銭移動が二つの項目(勘定とよぶ)で管理されるために
複式簿記と呼ばれているものです。例えば電車賃1000円を支払った場合
現金という「資産」が1000円減って、交通費という「費用」が1000円増
えたと整理します。お金の入出と資産の増減を対比させる方式です。

市販されている会計ソフトを使えば誰でも簡単に処理できることになっ
ていますが、当事者となるとそう簡単ではありませんでした。

簿記の勉強とは全く異なる知識が必要なのです。

品川から有楽町を往復した電車賃は308円、これを帳簿記入する為には
「費用」としての「交通費」が308円増えて、「資産」としての「現金」
が308円減ったとしなくてはなりません。ま、会計ソフトを手に入れれ
ばこの面倒な作業はソフトウエアが全部自動処理してくれます。

悩ましいのはどこまでの費用を経費として申告するかです。仕事に関わ
る費用はすべて経費として収入から差し引くことができ、税金が安くな
ります。売上げが同じなら経費は多ければ多いほどいいのです。

簿記3級のテキストにはこの辺のことは何も触れられていませんでした。
ネットで調べても脱税に繋がりかねないこの手のページでは「言いたい
けど言っちゃいけないから」といったページしか出てこないのです。

経費を極限まで増やしたい私として思いついたのはサラリーマン当時に
さんざん役員の説得に使ってきた「投資対効果」の考え方と伊丹十三氏
の映画「マルサの女」の場面です。税務署職員の宮本信子さんが商店街
の総菜屋さんに赴く場面です。

店の商品として売っている惣菜も自宅の夕食に食べたりするだろう。そ
の分は経費にならないから税金を払ってくれという場面です。店のおか
みさんは怒ります。もっとずるく大もうけしている奴から取れと。信子
さんは「それってどこの誰ですか、教えてください。そこに取りにいき
ますから」といった場面でした。

税務署に相談に行くとそれはそれは丁寧に扱ってくれます。国民のため
税金を払いに来てくれている市民だからとの扱いが徹底しています。

税務署の人たちも忙しいのです。限られた人員で最大限の税収を求めて
いるのです。すなわち私のようなもともとの収入が少ない事業者の経費
を細かく調査する意味なんかないのです。それこそ税金の無駄遣い等と
揶揄されてしまうかもしれません。

初めてのことなので保管していた領収書、活動に使った交通費などを全
てスケジュール帳から見直して可能な限り経費として記載し申告書とし
て提出しました。でももっと節税できたんじゃなかろうかとの思いも残
っていました。

それは提出後に計算した国民健康保険の金額です。所得税や事業税とは
比べ物にもなりませんでした。私のような零細の日本の平均年収程度で
すら家族3人で年間50万円にもなるのです。

からくりがあって所得税は課税所得から様々な控除、配偶者とか扶養と
かが差し引かれた結果に対する税率です。でも健康保険は控除前の所得
に対する比率です。所得比例分で10%+家族一人当たり5万円です。

このお金は結果としてすべて医師に支払われるので医師会が自民とと結
託して医療費確保に奔走していることがよく判りました。票田の対価で
しょう。医療保健や厚生年金、国民年金含めて全て税金です。国民全員
に負担が義務付けられています。

話がそれてしまいましたが、節税するための経費の範囲を考えるのに当
たり私が使った個々の費用の詳細を吟味する査察官は存在しないという
ことです。私を突っ込んで数万円の税金を得るために時間を費やすなど
ありえません。

申告後に目に留まったページには税務官が申告内容の是非を判断する上
で常識的な閾値が「個人的見解」として載せてありました。勝手にこれ
は無理かな、やりすぎかなと遠慮して費用としなかった仕事の相談に乗
ってくれた友人達との食事代も経費にすればよかった。残念。

開業初年度の決算報告を通じての本音です。来年はもっと勉強して必要
な税金のみ支払うことにしようと思います。もし利益がでたら税金より
東北や足長基金に寄付したほうがいいかなとも思います。

国の補助金もらってる企業からキックバックさせて当然だという大臣に
給料払いたくないし。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://soukitaishoku1210.blog.fc2.com/tb.php/74-b1acaa26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)