プロフィール

運はみんなに平等

Author:運はみんなに平等
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

早期退職を考える人たちへ
早期退職が盛んな日本の製造業。去るか、残るか悩んでいる人たちへの参考として私の経験を伝えます。 左下「カテゴリ」を目次代わりにしています。
ソニー、廃棄物処理施設に着工
 とうとうそうなったか、と感じる人と、漸く踏み切ったかと考える人
がいると思います。ソニーが廃棄物分別処理施設の建設を始めました。

昨年分社化したテレビの黒字化を受け、これまでのソニーを支えてきた
ウォークマンをはじめビデオカメラ、デジタルカメラ、Blu-ray、オー
ディオなどエレキ部門をそれぞれ別々に子会社化するというのです。

読売新聞には井深さん、盛田さんの写真入りでウォークマン開発の歴史
が年表まで添えて掲載されていました。辞書に掲載されるほど普通名詞
となった商品、ウォークマンに代表されるかつての先進企業をを傷んで
いるようでした。

確かにいまは安部&黒田バズーカによる円安バブルで経営指標は見た目
大きく改善ました。分社化したテレビ事業部も黒字になる見込みだとか。

分社化すれば黒字になるのならどこの会社だって事業単位ごとに子会社
にするでしょう。でも普通はそうしない。

トヨタが小型車を子会社化するとか、レクサスを分社するなんて話しは
聞いたことがないです。確かに日立製作所や東芝、NECなどはは重電、
インフラ、家電、弱電と細かく会社を分けています。これらは商売の相
手がそれぞれ全く異なるからです。国や自治体だったり企業、個人だっ
りするためです。

しかしどれもが民生向けの商品を扱う事業部なのにそれらを分社化する
なんていう話は聞いたことがありません。設計のやり方だって、使って
いる半導体やソフトウエアだって似たり寄ったりなんです。ソニーでも
デジタル商品のプラットフォーム(基本ソフトウエア)をカテゴリ横断
的に統一し開発資源の効率化を図ってきたはずです。

それぞれの子会社が販売する商品の基本ソフト(OS)がアンドロイドだっ
たり、マイクロソフトのWidows10だったり、ひょっとしてiOSだったり。
ソニーはこれまでlinuxをベースにしたソフトウエアで全てのデジタル
商品を世に出してきていたんじゃなかったっけ。ちがってますか。

そもそも分社化するとなぜ黒字化が早まるのでしょう。

ソニー製からソニービジュアルプロダクツ製(子会社化されたテレビ事
業部)になると急に人気が高まり売上げが伸びるのでしょうか。そんな
ばかな。

とすれば黒字化の主要因は費用の削減です。2013年度は売上げに対する
コストが77%でした。子会社になると突然設計が進歩し低い材料比率で
商品化できるようになるとも思えません。ということはやはり人件費の
削減でしょう。

リストラによる人員削減に加え一人当たり単価を下げる対策が採られて
いるはずです。福利厚生も見直されたでしょう。子会社化されることで
今後益々この締め付けが厳しくなっていきます。

先行したテレビ事業の場合、子会社化の成功事例の宣伝のため意図的に
数字を作ったのではないかとも思えてきます。子会社に負担させる本社
経費をディスカウントしたのかもしれません。これまで人員比率や売上
げ比率で負担させていた本社費用を「テレビさんは頑張ってることにし
ておまけしておきましたよ」かな。

給料、ボーナス、退職金そして早期退職の上乗せ額もソニー株式会社と
ソニー○○株式会社とでは雲泥の差があったのですから。

サラリーマンに向いている人も、そうでない人も、新会社を世界一にし
てみせると考える人たちを除いて、ここは一つの大きな転機です。すぐ
横を平行して売却路線が敷設されているのですから。

ソニーの株主達はエレキ切り離しの発表を心から待ち望んでいるのです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://soukitaishoku1210.blog.fc2.com/tb.php/73-b1dfa0b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)