プロフィール

運はみんなに平等

Author:運はみんなに平等
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

早期退職を考える人たちへ
早期退職が盛んな日本の製造業。去るか、残るか悩んでいる人たちへの参考として私の経験を伝えます。 左下「カテゴリ」を目次代わりにしています。
開業しました
 独立か再就職か。収入を考えながら実のところ心がゆれていましたが
やっぱり本音には勝てず開業することにしました。5月1日付の開業申請
を税務署と都税事務所に行いました。

これで契約していた再就職支援会社とも縁が切れました。1年半以上も
居座ってたおやじを追い出して担当のコンサルタントはポイントを稼い
だことと思います。私もハッピー、コンサルタントもハッピー。これで
私と契約した企業をハッピーな結果に導ければみんながハッピーです。

開業申請自体は何ら私たちの活動を拘束するものではありません。収入
の確定申告をする際、給与所得だったのかそうでなかったのかの記入欄
が違うだけです。

開業するということは商店街に店を構える八百屋さんや魚屋さんになる
ということです。わたしの場合は「ものの造りかたを一緒に考えよう」
屋さんになりました。

開業するとその収入は事業所得という扱いになるんだそうです。そして
得られた収入から控除できる額を除いた金額、課税所得に対し事業税が
課せられます。

法人にすれば自分たちの給料は経費として扱うことができて会社の収入
から控除できます。でも個人事業は自分の給料も事業税の対象になりま
す。もちろん得られた収入に対し所得税も住民税も年金も保健料も負担
しているにも拘わらず、さらに事業税を支払わなくてはならないのです。

税の重複だと窓口の担当者に伝えてみたものの明確な説明はもらえませ
んでした。ただ個人事業税は5%なのに対し、法人税は均等割り7万円に
加えて利益に対し最低でも税率20%以上が課せられます。

どっちが得なんだろうと考えたりもしましたが、いずれにせよ独立した
ことが大切なので税金との上手な付き合い方はゆっくり考えることにし
なんでもかんでも領収書を集めることだけ始めました。

そして何より意識をかえるのは自分が「独立した」と公に登録したこと
でしょう。時給900円のホビーショップのアルバイトも今までとは全く
違って見えてきます。

お金の為に時間を提供するのではなく、やりたいことの為に時間を割く。
サラリーマンのころは「今日は会社」「今日は休み」「明日から連休」
だったものが、いまでは一日の中でONとOFFが頭の中で行ったり来たり
します。つまり仕事は頭の中で行われていて私の体も時間も拘束しませ
ん。自分自身の使い方は自由です。

昨年勉強した簿記も役に立ってくれます。営業内容に「DIY」も書いた
ので、知り合いに依頼されたちょっとした大工仕事も「営業収入」にな
ります。ということは大工道具を買う費用は全部経費として処理できる
ことになります。これはいい。

早期退職し18カ月間の休暇を経てようやく視界が澄んできました。
やりたいことで生活して行ける。
やりたいことなら苦にならない。
そういう生き方もあるんだと実感できます。

外洋を泳ぎ自らの力で餌を捕える。そんな憧れていた状況が身近に感じ
られるようになってきました。いまはまだ近場の湾内を泳いでいる程度
ですが、来年そして再来年と海域を広げ、いずれは大きな海洋を自由に
泳ぎ回れるようになりたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメント
Re: 奪われざるものを読んで。
斎藤さん、コメントありがとうございます。
在学中から起業されたとのこと。すばらしいですね。
私は会社から離れて間もなく4年が経ちます。
金銭的にはしがみついていたほうがよかったのかもしれませんが、
やっぱり辞めてよかったとつくづく思います。
好きなことをやり、サラリーマンでは決して経験できなかったことばかりの時間でした。
この6月から日吉の理工学部で研究員をしています。流木が一時的に流れ着いた入り江でしょう。
潮目が変わったらまた沖合いに出てゆくことになります。その準備もまた楽しいです。

> こんにちは、はじめまして。
> 斎藤と言います。
> 奪われざるものを読んで非常にその生き方に心動かされました。
> 僕は今23歳です。
[2016/08/24 21:45] URL | 運はみんなに平等 #- [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2016/08/24 13:58] | # [ 編集 ]

Re: 起業に関して
コメントありがとうございます。
会社に籍を置いたままで起業するのは所属する会社のルール次第と思います。
一般的に不動産(アパート貸してるとか)と著作以外の副業を禁じている会社が多いと思います。
副業が認められているのであれば手続きは簡単です。
まず住んでいる地域を担当する税務署で「開業申請」を行います。窓口に行けば丁寧に教えてくれます。
開業すると確定申告することになりますが「青色」と「白色」があり選択することになります。
「青色」は複式簿記を行い、B/SとP/Lを提出しなければなりませんが売上げから65万円が控除でき節税に
なります。この辺は国税庁のページや詳しく教えるブログがたくさんありますので調べてみてください。
税務署は国税つまり所得税を扱う役所です。これに加え地方税を担当する市町村にも開業申請が必要です。
開業すると「事業税」を納めなければならなくなるからです。
この辺は各市町村のHPに記載されていると思います。
この二つを申請すれば「開業」完了です。晴れて「個人事業主」もしくは「代表」「経営者」となります。
ちなみに開業しても「給与所得」と「営業所得」はそれぞれ分けて計上します。給与所得は税金が源泉徴収
されていますので合計収入と既払い税金、未納税金を明確にするためでしょう。
投資信託等で納めた分離課税も確定申告時に精算し、払いすぎていれば戻ってきます。
がんばってください。
私もがんばっています。

> 私も起業を検討したいと思うようになりました。
[2015/06/26 18:14] URL | 運はみんなに平等 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://soukitaishoku1210.blog.fc2.com/tb.php/61-d36a6449
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)