プロフィール

運はみんなに平等

Author:運はみんなに平等
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

早期退職を考える人たちへ
早期退職が盛んな日本の製造業。去るか、残るか悩んでいる人たちへの参考として私の経験を伝えます。 左下「カテゴリ」を目次代わりにしています。
ゆっくりとスタートを切りました
 昨年は雇用保険をもらいながら丸一年間の有給休暇を楽しみました。
支給日数は当初の330日に加え30日間の延長が認められたため丸々360日
間、満額での支給を受けられました。その時間は実に新鮮なもので、そ
して多くのことを気付かせてくれました。

3月末までと期間を決めて3つのことを試してみることにしました。これ
までは自分の中でさまざま考えをめぐらしてきましたが、年末から正に
ゆっくりとしたスタートを切りました。

まず自分にできることとして在職中に一貫して携わってきたものの作り
方を考える仕事。これを体系的にまとめて大企業のいじめに四苦八苦し
ている下請けの中小企業に向け現場づくりのやり方を指導する仕事への
取組みです。その教科書を書き始めました。

ふたつ目は自分のやりたいこと。これは木工工房を開くこと。これまで
趣味の域を出ていなかった部分です。造りたいものに対してより適切な
材料や手法を選択するためにはもっともっと多くの知識が必要でした。
塗料や接着剤といった化学製品の種類や特徴、建築・家具用の金物、自
由な形状を作ったり型どったりする塑形材、木工・金工用工具などなど。

これまでのやり方はできるだけ自分の手元にある工具や刃物で加工でき
る方法を考えながら進めてきました。その方が費用もかからないし加工
も安心です。出来栄えもそこそこ予想できます。でもそれだけでは新し
い領域に入っていけません。

以前からいちどやってみたかったホームセンターでのアルバイトを始め
ました。年末から週4日間、一日5時間だけですが大手ホビーショップの
商品補充のバイトです。同じような用途なのに夥しい種類の製品があふ
れていることにあらためてびっくりします。でもこれは楽しい。工房を
立ち上げる際にどのようなものを揃えておけばどのような守備範囲が持
てるかよく判ります。

そしてなにか役に立つこと。これはこのブログとして始めた私の経験を
伝えることです。早期退職やサラリーマンからの卒業にまつわる様々な
思いだけでなく、実務で扱ってきたものづくりに対する考えやその実践
結果などもまとめあげてゆこうと思います。

自分が会社内の流木として所属してきた部署は上は研究所から下は購買
まで様々でした(上下関係は主観的なものです。念のため)が、スタート
が生産技術だったためか、仕事に対峙する目線はいつもどうやって造る
のがいいんだろうか、何をコントロールすれば安定して生産できるのだ
ろうかというものでした。これは無理やり工学の分野に当てはめると生
産管理工学や生産システム工学といったものに含まれるものだと思いま
すが、図書館で閲覧する教科書とはかけ離れた意見が私の中にあります。

それなりに長い時間を生きてきた人間が何か始めようとすると、やはり
その経験をだれかに伝えて活用してもらえたらということが動機になる
ようです。

就職支援会社や登録してある就活サイトからさまざまな募集案件が送ら
れてきますが、できることならサラリーマンには戻りたくない。せっか
く生簀からでて外海を味わったのだから、そこでやっていきたいと強く
思うようになりました。

自分の評価者が決められている、自ら上司を選べない。より大きな仕事
を担ったり、多くの収入を得ようとするなら上司の意向に沿って芸をし
なければならない。他に道はない。これがマリンパークのイルカでしょ
う。でも自分を評価してくれる人を自分で探してあるく。これが自立だ
と思います。世の中には多くの作家や多くのアーティストが活躍してい
ます。それぞれがそれぞれの評価者を持っています。その優劣を比較す
ることに意味はありません。

そこに向かってゆっくりとスタートを切りました。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://soukitaishoku1210.blog.fc2.com/tb.php/51-84a16d3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)