プロフィール

運はみんなに平等

Author:運はみんなに平等
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

早期退職を考える人たちへ
早期退職が盛んな日本の製造業。去るか、残るか悩んでいる人たちへの参考として私の経験を伝えます。 左下「カテゴリ」を目次代わりにしています。
金銭解雇に備えよう
 私の10年先輩、団塊の世代と呼ばれる方々がしゃにむに働き戦後日本
の復興を果たしました。各地から集団就職列車に乗り正に地域まるごと
の学生さんたちが上京し企業に就職しました。その映像はときおりニュ
ースでみることがあります。

職場で知り合った人と恋愛結婚し、鉄筋の団地に住み、三種の神器と呼
ばれたテレビ、冷蔵庫、洗濯機を整え、自家用車を持つことが夢とされ
ていました。

会社で猛烈に働き、給料を増やし、子供をもうけ、家族の夢を膨らませ
てゆく。一生懸命働けば報われると信じて頑張った時代です。

いまは違います。技術が進みモノがあふれ移り気な顧客を相手に会社が
右往左往しています。見込みを外すと大きな損失に見舞われます。でも
生活の利便性に不満のなくなった私たちの生活、なくてはならない機器
自体が存在しません。十分に間に合っています。

そんな企業の状況を逆手に取り、大企業の経営数値改善での経済再生を
標榜するアベノミクスは終身雇用に幕を下ろそうとしています。楽天の
三本谷氏らを軸とする「いまどき」企業家による「金銭解雇」の解禁で
す。悪い面ばかりではありませんが、終身雇用に慣れた日本人には酷な
環境が準備されつつあります。

会社の右往左往は必然です。そして団塊の世代の方々が信じて疑わなか
った(と思っていますが)会社で頑張れば収入が増えてゆくという構図
はもう描けなくなってきています。会社は従業員を保護しきれない状況
に来ているのです。景気が悪くなる、経営が危なくなると会社存続の為
従業員を減らしてゆくことが一般的なことになってきています。

皆さんが会社の経営者だったらどうしますか。追い込まれた経営の中で
従業員を全員保護し、収入も維持してやり続ける方法が見いだせますか。
見いだせる方はぜひ臆せず会社のトップに提言してください。会社を生
かすとはそういうことです。

でも私を始め多くの方々はその方法が見つからないと思います。新しい
柱を立てる場所が見えないのだと思います。

会社はもう従業員全員を保護することができません。そう考えることが
普通な時期に入っています。ましてや早期退職に心を動かされている人
はそう自覚したほうが安全です。

心と体にスタミナを蓄えましょう。会社を外から見、自分自身も外から
見つめて求められていることではなく、求めていることを探りましょう。
自分の心に素直に問いかけることが心のスタミナを蓄えることになりま
す。これはとても勇気がいる作業です。でも他からの力で考えさせられ
るのではなく、自らの考えで行動する事で心の健康が維持できます。

合わせて体のスタミナも蓄えましょう。自分の意思で活動するようにな
ると体にも負担がかかります。自信を身に着けるということは他の批判
に正面から立ち向かう意思をもつことに他なりません。周到な準備が必
要になります。時間もかかります。

会社への依存を減らし、自分の力で働いてゆく。そのためには心と体の
スタミナが必要です。

関連記事
スポンサーサイト

コメント
米国年次改革要望書
まいどすみません。

誰にでも将来を予見できる文献、それはアメリカからの「年次改革要望書」です。
戦後日本の所得倍増計画、プラザ合意、大店法、郵政民営化、派遣労働の拡大、TPP、そして今の金銭解雇議論です。
政権が変わろうともこれから逃れる事はできません。

米国投資家にとって年功序列終身雇用、しかも65歳なんて「アンビリ-バボー」なわけで自国と同様に金銭で解雇するのが当然なのです。
「定年まで働ける」は企業側にとっては「定年まで解雇できない」の意味です。
「過去の最高裁判例を引用されないよう法律を改定せよ」が米国からの指示です。

今後入社の際「○○法に基づき基本給○ヵ月を支払う事により会社側は雇用契約解除できる」などといった書類にサインさせられることになるでしょう。
[2013/04/20 00:13] URL | けんたろう #fQXc4BfU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://soukitaishoku1210.blog.fc2.com/tb.php/34-24903d07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)