プロフィール

運はみんなに平等

Author:運はみんなに平等
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

早期退職を考える人たちへ
早期退職が盛んな日本の製造業。去るか、残るか悩んでいる人たちへの参考として私の経験を伝えます。 左下「カテゴリ」を目次代わりにしています。
ふたつのシミュレーション
 早期退職応募に際し最も関心が高いのが退職後の収入でしょう。新し
い仕事はすぐに見つかるだろうか。そこでの年収はどのくらいもらえる
のだろうか。子供の教育資金や住宅ローンの返済、また現在の生活水準
の維持などにどのくらいの費用が必要なのか様々シミュレーションする
必要があります。

でも住宅ローンの金額は当然決まっていますし、こどもの教育に必要な
資金は年齢に応じて全国平均などのデータがそろっています。医学部に
ゆくなどの特殊な事情がなければだいたいの予想はつきます。

そしていま現在、どの程度の収入があって、年間どの程度支出している
かもわかるはずです。したがって今の生活を維持するうえに必要な費用
はざっくり計算できてしまいます。

シミュレーションが難しいのは収入のほうです。現在の蓄えや退職金だ
けで老後含めた費用全額を賄うことはまず無理です。何らかの手段で収
入を得なければなりません。いったいいくらくらいの収入が得られるん
だろうか。

でもちょっと待ってください。早期退職に応募するか否かは二者択一の
問題です。したがって退職後のシミュレーションを行うのと同時に残留
した場合のシミュレーションはどうでしょう。

まだ始めてもいない生活の予測を立てること、これは難題です。再就職
先が決まっていなければまず安心できる結果を得ることはできないと考
えるのが無難です。

しかし残留した場合の将来をシミュレーションすることはさほど難しく
ないのではないですか。だってもう何年も経験してきているわけだから。
5年後、10年後、所定の定年まで自分はどんな仕事をしているんだろう。

早期退職に惹かれている人たちは現在の仕事の将来に不安があります。
いまのまま仕事が続けてゆけるんだろうかと。会社の状態も良いわけは
ありません。退職者を募集しなくちゃならない状況なんです。

そこでこう考えてみてはどうでしょう。会社はいまのままでは危ない。
だから退職者を募集しようとしている。自分は整理対象の仕事に従事し
ている。会社で、職場で今後どうなるのか。そのシミュレーションです。

会社の状況悪化は一時的なものでしょうか。為替が上向けば安心できる
ものでしょうか。アベノミクスで円安、株高が進んでいます。実態は何
も変わっていないのに。会社、職場が今のままのやり方でも外部環境に
よって好転する、それを期待するのも一つの考え方ですが、これは会社
で生きようとする人たちの希望ではないでしょうか。

会社は変わらなくてはならない。仕事も大きく変えてゆかなければなら
ない。再び光り輝く企業になったとき、いったいどのようなビジネスが
牽引しているんだろう。今の仕事とは違うはず。その中で自分はどんな
立場で、どんな仕事をしているんだろう。そこに求められる専門性は何
で、どのような人たちと仕事をしているのか。その中で私は軸となって
仕事をしているんだろうか。

このシミュレーションはできるはずです。何年も頑張って、力を注いで
きた仕事の先行きを自ら予測してください。そこに何が見えますか。

二者択一の課題。見えないものに問いかけても答えはもどってきません。
まず、見えるものの未来を把握してみませんか。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://soukitaishoku1210.blog.fc2.com/tb.php/28-a32006ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)