プロフィール

運はみんなに平等

Author:運はみんなに平等
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

早期退職を考える人たちへ
早期退職が盛んな日本の製造業。去るか、残るか悩んでいる人たちへの参考として私の経験を伝えます。 左下「カテゴリ」を目次代わりにしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅草の靴職人さん工房②仕事を目の当たりにして
 靴はあらかじめデザインされたスケッチに基づき、型紙を使って裁断
された革を美しいステッチで縫製された革を木型に被せることで形づく
られていきます。靴については全くの素人ですが、生産技術屋として靴
づくりを一言で表すと「縫製された革をどの方向にどれだけ引っ張って
木型に沿わせるか」を競う技術のように感じます。ただこの作業に入る
前にお客さんに合った木型を製作するプロセスがあります。足型をとり、
あらかじめ用意されている標準型からの差異を削ったり、足したりしな
がらお客さんの足形に合わせて修正してあります。木型は専門の職人さ
んが製作するそうですが、出来上がった木型にさらに細かな修正を加え
お客様の要望に沿ったものに仕上げるのは靴職人さんの仕事です。

末光さんの作業を見ながら聞かせて頂いた話しですが、じつは靴の中で
足は様々な圧迫を受けているというのです。それも足のどの部分がどの
程度押されていると心地よく、緩んでいるとぶかぶか感じる。また過度
に押されると「当たっている」として痛くなります。

私達が店頭で買う「革靴」はいくらくらいでしょう。私が履いている靴
で高いものでもせいぜい2~3万円程度です。それでもこのような靴を買
うのにはそれなりの勢いがないと買えないレベルです。しかし靴職人さ
んが扱う靴はそれとは桁違いです。末光さんのホームページによると25
万円からと記載されています。靴を保管するために中に入れておく保管
用の木型というものもあって、これは靴とは別に1万5千円程だそうです。

靴を注文する人たちはこの価格に合う性能をもとめているのでしょう。
また市販の靴で満足できない人達です。履いた具合がしっくり来ない。
どこかが当たる、どこかが緩いといったきめ細かな評価尺度を持ってい
る人たちだと思われます。お金があるから注文するのではなく、自分の
足にとって快適な靴を求め相応の金額を支払うことを厭わない、手強い
相手です。

足型を採る際、裏側にインキを塗ったシリコンゴムの上に乗ってもらい
下に敷いた紙にどの程度のインキが転写されたかで足裏の面圧を知ると
共に足の輪郭をなぞり、外形を記録します。ですが足の形は体重のかか
り方で変化するそうす。確かにそうでしょう。前のめりになれば前が横
に広がり、後傾すれば踵が膨らみます。また足型を採るときは素足です。
靴の中では周囲から相応の圧力を受け、足が変形しているとのこと。数
十万円を支払おうというお客様はそれらをすべて網羅した上で快適な靴
を求めています。

縫製された革を木型に沿わせて行く過程で、中心をずらさないよう大ま
かに靴中敷を巻き込んだ形で木型に釘止めしてゆくと先回ご紹介しまし
た。大体の位置が決まったら、部分的に釘を抜き(たぶんゴム系の)接
着剤を中敷革の下と甲側の革に塗布し、また釘で止めてゆきます。粗く
とめた部分を真ん中からまた引っ張って止め、徐々に細かく止めてゆく
と同時にハンマーで叩き接着してゆきます。接着が完了すると止めてい
た釘は抜きとられます。

もっとも細かな部分はつま先です。革を引っ張り、畳むようにひねって
止めてゆきます。表面に皺が残らないよう、そして靴裏で凸凹にならな
いよう、引っ張り具合、そして畳み具合を革と相談しながら進め、最後
は中敷革の裏側は数ミリ間隔くらいの細かな「ヒダ」で覆われてゆきま
す。引っ張り、釘止めされてゆくヒダの間隔は数ミリレベルです。

靴を履いて歩くとき、靴は土踏まずのちょっと前のあたりで折れ曲がる
ように変形するそうです。そしてつま先と踵の部分は変形してはいけな
いのだと。特に踵の部分は足を踏み出したとき強く体重を受け止める必
要があるため強固にする必要があるとのことです。つま先には樹脂性の
芯が、踵の部分には厚手の革が芯材として追加されています。踵に用い
る厚い硬い皮は先の丸くなったハンマーで叩き、まるで鍛造品のように
形が整えられてから貼りこまれてゆきます。

甲側の革はこのようにして木型に沿わせられ形づくられてゆきます。こ
の際、あまり革を引っ張りすぎると型からはずしたときに形が変わって
しまうことがあるそうです。残留応力が残っている訳です。

木型に沿わせる工程で最も難しいのは「足の甲」の部分の成型ではない
かと思います。足の甲の部分は横から見ると下に凸の曲線になっていま
す。木型の基準位置は足首の部分ですから、つま先側に引っ張りすぎる
と革はピンと張られ下凸の形状から離れ、直線的につま先に向かいます。
しかもつま先の曲線が最もきつく、十分に引っ張らないと形が作れませ
ん。革が発する「ひっぱりすぎだよ」などといった声を聞きながらバラ
ンスをとってゆく。

足の甲は横から見ると下に凸ですが、前から見ると上に凸です。たぶん
横に引っ張れば甲の曲線に沿い、前後に引っ張ると甲の曲線から浮いて
しまうのではないでしょうか。つま先のきつい曲線にあわせると同時に
革を横方向に引っ張り先端と甲の双方が木型に密着する。しかも全体の
バランスを崩さず、縫製したステッチのラインが美しく見える位置に配
置する。

これらの微妙なバランスを、毎回左右ですら異なる革の性質と会話しな
がら進めてゆくのだと思います。これは至難の業です。何しろ靴は右足
と左足があり、並べたときに左右対称に仕上がっていなければなりませ
ん。

そしてさらに難しいのは最初に書いた「お客様が満足するフィット感」
を実現することです。靴の中で足は様々な方向から圧力を受けています。
歩いてきるときなどはさらにその分布は複雑です。これらを素足で平ら
な「型採りゴム」の上に置かれた足から読み取る必要があります。何回
も繰り返し作ってきたお客様の足なら勝手知ったる作業かもしれません。
しかしどのお客様も「お初」からスタートします。それも高価な靴です。
初日に白星が出せなければリピートは得られないでしょう。

私はその場を目の当たりにしていませんが、たぶん始めてのお客様が見
えたとき、巧みに語りかけどのような靴の履き心地を求めているのか。
採られた足型から診てこのお客様が市販靴のどこに不満があるのかなど
測定データには現れないニーズをきめ細かく把握し『このような靴を探
していたのではありませんか』と出来上がった靴を以って提案できるこ
とがまさに匠の技だろうと思います。

使い込んだ木型の裏には無数の釘穴があいていました。同じお客様から
何回もの注文を受け製作してきた歴史です。それほどの期待に応えてき
た靴工房の職人さんとの3時間半はとても楽しく、充実した時間でした。

訪問の最後にフィレンツェでオーダーメイドされたある日本初のプロサ
ッカー選手の靴がメンテナンスのためドック入りしているのだと見せて
いただきました。同じデザインで作られた短靴とハイカットのブーツで
した。スエード製のとても美しい靴でした。

末光さんは週に一日、青山の根津美術館近くにある紳士服店「Tie Your
Tie」にて靴の製作や修理、接客なども行っているとのことでした。一
度店を訪れて話を聞かせてもらっては如何でしょう。靴を注文しなくと
も気軽に応じていただけるはずです。時間を割いてプロの話に耳を傾け
てみませんか。得るものはとても大きなものに違いありません。

関連記事
スポンサーサイト

コメント
Re: はじめまして。
横手様

 コメントありがとうございました。昨年末返信させていただきましたが
手続きを誤ったのでしょうか、ご連絡をいただけないまま時間が経過して
います。もしいまでもご興味がありましたら下記あてご連絡ください。
shinichi.nagashima@ae.auone-net.jp
ご連絡おまちしています。

> はじめてご連絡を差し上げます。私は出版社で単行本の編集を担当しているものです。このブログは雑誌「FACTA」で存在を知りました。
>
> 私はかつて、ソニー関連の本を作ったこともあり、ブログ記事は非常に興味深く読みました。もしよろしければ、もう少しお話を聞かせて頂けませんでしょうか? ひょっとしたら、手記のような形で本としても成り立つのではないか、と考えた次第です。
>
> いきなりで恐縮ですが、一度、ご連絡を頂ければ幸いです。
>
> 新潮社 横手大輔
[2013/01/29 21:23] URL | 運はみんなに平等 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://soukitaishoku1210.blog.fc2.com/tb.php/23-5c984537
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。