プロフィール

運はみんなに平等

Author:運はみんなに平等
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

早期退職を考える人たちへ
早期退職が盛んな日本の製造業。去るか、残るか悩んでいる人たちへの参考として私の経験を伝えます。 左下「カテゴリ」を目次代わりにしています。
マリンパークのイルカだった
 たとえばここまで状況が悪化せず、今までのAVビジネスで十分な採算
が採れていて、私でも所定定年の60歳まで居られたとしましょう。でも
そのまま隠居生活するだけの経済的ゆとりはありませんし、仕事だから
こそ得られる緊張感にも未練が残ると思います。

55歳という、まあ節目の年齢を迎えて退職したわけですが、今回応募し
なくとも5年以内には必ず退職することになります。晴耕雨読の生活を
望んだとしてそれは何歳くらいから始められるのか。そして退職してか
らそれまでの期間をどう過ごして行くのか。今の生活がいつまで続けら
れるのかを考えると同時に、必ず訪れる新しい生活はいつから始めなけ
ればならないのかも大切な視点です。

唐突ですが、今まさに国中で話題になっている税と社会保障の一体改革。
ふ~ん、と新聞やニュースから入ってくる多くの言葉に対し政府のふが
いなさだけを感じていました。ところが実際サラリーマンから離れると
これらの事が実生活に迫ってきます。人事や総務がよきに計らってくれ
ていたことを今度は自分でやらなくてはなりません。もちろん税金も然
りです。驚いたのはいままで自分が負担していた、そして今後負担を義
務づけられている金額です。びっくりしました。

退職して実感したことですが、大手企業の従業員はたぶん例外なく周囲
を安全な網で囲われ、天敵もなく、所定の訓練を受けて様々な芸を披露
しながら餌をもらっていたマリンパークのイルカにそっくりです。生簀
から外にでて初めて日本人として社会の中で生活するための制度や手続
き、そして必要な費用を知りました。天引きで処理されていた部分です。
その金額に驚かされました。自営で生活している人たちが大変立派な人
に見えてきました。

いままで所属していた組織から離れ、自立しようとすると覚えなければ
ならないこと、学ばなければならないことが何と膨大なことか。ネット
や本、役所などの窓口での会話を重ねてもちっとも理解が進みません。
輪郭を大づかみに把握することができません。これは大変なストレスで
す。

マリンパークでは十分な餌をあたえてもらっていました。でもそう考え
ると、もらっていた餌はみな死んだ魚だったのかと思えてきます。生き
て泳いでいる魚を自分で捕らえたことはなかったんだろうなあと感じま
す。私は自営業の家に育ちました。そんな背景からこう考えが進んでき
たのかもしれません。いっぺん自分の力で、小魚でもいいから泳いでい
る餌を捕らえられるか試してみたい。そう思います。

多少勉強してこのブログを書きはじめました。さまざま機能が用意され
ているにも拘わらずいまだに「書いてアップロードする」ことしかでき
ません。うまく使えば読者の反応も判り、多くの人に読んでもらえるよ
うになれば広告も出せるらしいのです。図書館から借りた本やネット情
報を調べながら勉強してもなぜか、なかなか頭に入ってこないのです。

また余談ですが、会社内を流木のように生活してきた私は42歳を前にし
て光ディスクの研究所に異動しました。ろうそくと凸レンズの事くらい
しか知らなかった私はその年の新人研修に加えてもらいました。研修は
日本語で行われているので、話している言葉は理解できますが内容は全
く理解できません。難しいのです。昼休みに食堂で出会った上司からは
「どう、研修は?」と声をかけられ「言葉としては理解しているつもり
ですが、どうにも頭に残りません」と正直に答えたところ「あ、そう。
まあ歳だからね」とバッサリ。

会社を離れた後、また新たに自分らしい何らかの仕事を続けてゆこうと
考えるのであればスタートは早いほうがいいです。

Fast eats Slow.泳いでいる魚を食べるには相手より早く動かなくては
なりません。運動の大原則です。それが新たに別の会社で働くことであ
ったとしても、60歳からのスタートでは遅すぎます。





関連記事
スポンサーサイト

コメント
Re: タイトルなし
コメントありがとうございました。
とても励みになります。

> とても魅力的な記事でした!!
> また遊びに来ます!!
> ありがとうございます。
[2013/01/31 16:07] URL | 運はみんなに平等 #- [ 編集 ]


とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
[2013/01/17 14:51] URL | 株式の税金 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://soukitaishoku1210.blog.fc2.com/tb.php/12-0f4f8ed2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)