FC2ブログ
プロフィール

運はみんなに平等

Author:運はみんなに平等
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

早期退職を考える人たちへ
早期退職が盛んな日本の製造業。去るか、残るか悩んでいる人たちへの参考として私の経験を伝えます。 左下「カテゴリ」を目次代わりにしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり製品開発
投稿が大分滞っていました。ブログを書き始めた頃は仕事もはっきり
せず、次になにやろうか、どうしようかと思いを巡らしていた頃でし
た。

不安な気持ちを紛らわす意味もあって様々な手続きの仕組みを調べた
り、浅草の工房を巡って刺激を受けることに積極的でした。これらの
緊張感が様々な思いを起こさせ、ブログ記事にするエネルギーになっ
ていたように感じます。

大学の仕事も3年目に入り、いい面、悪い面、様々見えてきました。
何から何まで自由にやらせてもらっていてこれほど贅沢は働き方は他
にはありようもないと思えます。

まず時間が自由です。教授と初対面の時勤務時間について質問したら
「それは好きにやっていただいて結構です」と。決まりがないとずる
ずるといってしまうことは自明なのでこちらから9時~5時半と申告
しました。

設計や実験に必要な機材、材料の購入も自由です。勝手に出入り業者
に依頼したり、ネットショップに自分専用のアカウントを作り気侭に
発注します。もちろん支払いは教授に行きます。

しょっちゅう外出します。私は展示会が好きで、仕事に関係する食品
衛生や医療機器関連に留まらず、設計に参考になりそうな機械要素展
やAI展、中小企業アイデア満載の食品加工機械展などにも出かけて
ゆきます。交通費は大学が負担に負担してもらっています。

頭の中を煮詰めることなく、頻繁にリセット、デフラグして更の状態
を作り出すことにとても役立ちます。それぞれの業界の人達との会話
からすこし世の中がわかったような気になります。

これほど恵まれた仕事ですが、唯一決定的に欠けているのが面子です。
私以外の面々はすべて博士号をもった研究者か学生達です。学生から
のリターンを期待することはありませんが、研究者達の関心は如何に
高尚な論文を作成するかという点に焦点が絞られているので仕事上の
共同従事者ではありません。

会社にいるときも、独立後のコンサルタントのときも職場のメンバー
は常に目的を共有するチームメートでした。メンバーとの技術的課題
でのスパーリングは自分の力を大いに磨いてくれました。いい面子が
揃うことの大切さはこのスパーリングの質を高めるためのものだと思
います。

でもまた企業に所属し方針に則った作業を忖度しながら担ってゆく気
にはなれません。そもそもかつてまさに自由闊達だったあのソニーの
中でも十分に浮いていたんですから。これから雇ってくれる中小企業
でまともに活躍できるはずもありません。

やっぱり自分で製品を作り商売を始めなければいけないんだと考える
ようになりました。退職後間もない頃はそんな思いでいくつかの製品
をスケッチしたり図面化したりしていました。工房の職人さんに話を
聴いてあるいたのもそんな思いが強かったからです。

幸い現在の仕事は時間的な自由度は十分に確保されています。残業は
皆無だし、週末は確実に自分の時間として使えます。

いままでは「いつかやってみよう」と店晒しにしていた案を具体化し
てゆくことに決めました。

面白そうだと感じた電磁デバイスがあってその試作を開始しました。
製作には概ね5つの工程があり、様々なネットショップを漁って材料
を集め、工程表をつくり、治具も作りました。

そうしたところ最初の工程であっさり失敗。次の工程に進むことがで
きませんでした。これはいける。ハードルがあるからこそ製品に特異
性が生まれるんだろうと。

頭の中が煮詰まらないように、このデバイスと並行して木工作品ネタ
や生活雑貨ネタ、インテリアネタなど棚上げしてたスケッチを片っ端
からまずモノとして実現させてみることにしました。

いちど思ったことはやっぱりやってみよう。そんな気持ちです。もし
作品が売れて、それが問題起こしたらどうしようとか。緊張感も高ま
ってきます。

会社の仕事で追い込まれ、首の後ろがクーっと冷たくなる緊張感を楽
しんだことがありました。自分は今、試されていると感じる瞬間です。

うまく製品化の目処がたった暁にはご紹介させて頂きますので、ぜひ
ご覧頂きたいと思います。ホームページ作成の勉強も始めなくては。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://soukitaishoku1210.blog.fc2.com/tb.php/110-d9c27670
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。