プロフィール

運はみんなに平等

Author:運はみんなに平等
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

早期退職を考える人たちへ
早期退職が盛んな日本の製造業。去るか、残るか悩んでいる人たちへの参考として私の経験を伝えます。 左下「カテゴリ」を目次代わりにしています。
早期退職応募までのプロセスをブログに
 私は満55歳となった2012年10月末で早期退職しました。所定定年まで
5年を残しての退職です。他部署を対象として募集している早期退職へ
の応募だったために退職条件もはっきりしないまま手を挙げてしまった
ことになりましたが、会社は手厚く処置してくれました。

仕事でお世話になった知人に退職の連絡を行ったところ、多くの方々か
ら『よく決断したね』、『英断だね』といった励ましの言葉に加え『早
期退職を決断するまでのプロセスを聞かせてほしい』といった声が寄せ
られました。多くの友人達が早期退職に応募すべきか、はたまた会社に
残った方がいいのかを選択しなくてはいけないという思いにあるようで
す。

人それぞれ、置かれている環境は異なりますがひとつの参考として私の
ケースをご紹介しておくことにしました。退職後のふんだんにある時間
を使ってブログを勉強し掲載まで漕ぎ着けることができたことは私自身
すこし若返れたような気分にもなり、とても嬉しく思っています。

私をご存知の方々には周知のことですが、私は大変細かく、理屈っぽい
人間です。そのため今回の判断にあたっても、自分を納得させるだけの
考え方を順序だてて組み立ててきたつもりです。

退職する、しないの判断をしようとした時、ひとつだけ覚悟しておかな
くてはならないことがあります。それは今後いかなる状況に陥ったとし
てもあのときの判断に誤りはなかったと自信を持って言い切れるように
しておく必要があるということです。万一後悔するようなことになった
らそこから先の人生はいっきに暗転します。絶対に禍根を残してはいけ
ないのです。ましてや家族のある者はなおさらです。これは会社に残る
という判断についても全く同様です。

このブログは退職に至るまでの私なりの考え方を順を追って書いてゆき
ます。あくまで私個人の考えたことであって、他に対してなんら批判を
加えるものではありません。その点、重々ご承知おきください。

また退職後に待っている様々な手続き。そのまま新しい会社に再就職す
る場合は全く無関係ですが、ひとたび失業保険の給付を受けようとする
ととても面倒なことになります。わけが判りません。何度も役所に足を
運び、そのときは理解できたと思いますが時間が経つとまた新たな疑問
が浮かんできます。制度のほつれも多々あります。役所の方に言わせる
と『厚生労働省、年金機構、地方自治体など異なる役所がやってるもの
ですから』とあっさりしたものです。

失業の申請と認定、国民健康保険、国民年金への加入、そして当面収入
が無くなることへの生活費のリストラなどお金にまつわる処置が目白押
しに迫ってきます。費用面から見た処置の方法などについても今回を例
にできるだけ整理して紹介しようと思います。

スポンサーサイト

コメント
ありがとうございます。
詳細なご説明、まことにありがとうございます。 所属部門により、方法が違うこと、また
早い段階で人事との交渉が必要だと感じました。 

このブログの記事は何度も読み返しては、現在の仕事に対する考え方を何度も振り返って
います。 先のことも考え、しっかりと自分なりの結論を出そうと思っております。

これからも参考にさせて頂きます。

ありがとうございました。
[2013/06/04 20:04] URL | Nowhereman #L1ch7n1I [ 編集 ]

Re: はじめまして
コメントありがとうございます。
私の場合、デジタルカメラ部門の在職中にテレビ部門が実施した早期退職募集にエントリーしました。
どこの部署が行う募集でもキャリア推進部所属者はその対象に含まれていましたので、応募を前提に
キャリアへの異動を人事にお願いしました。
ただし
①募集部署ではないので処遇は約束できない
②異動には本社人事と在職部門の了解が必要だが後戻りはできない
③応募勧告されていないのに本当に話を進めていいのか
の確認をされました。
所属部門の二つ返事をもらい、応募期限となる10月末に間に合うよう9月中旬に異動できました。
人事に話を持って行ったのは8月の初旬です。
早期退職の募集がいつ、どのような条件で行われるのか次第ですが、他部署の募集は組合のビラ
などでしか判りませんのでアンテナを張っておくことが大切です。
退職希望者には寛容な会社です。

> こんにちは。
>
> 私は現在ソニー(大崎)に勤務しています。 このブログを読んで大変参考になりました。
> 大変失礼ながら、質問をさせて頂きたく、 コメントを差し上げた次第です。
>
> エレキ部門はますます厳しさを増しており、私も1ヶ月ほど前に、「あたなは、今の業務
> が終わった後は仕事が無くなので、異動先を探して欲しい」 と、事実上の戦力外通告
> をされました。 私の年齢は52歳です。以前より、50歳以上の管理職はリストラの
> リストに載っているとの噂が流れておりました。 自分の周りの50歳以上の方も同じ
> ような状況になっています。
>
> 少し前(特に震災後)より、今後の生活設計を考えており、様々な状況を考慮し、早期退職
> も一つの選択肢ととらえるようになって参りました。
>
> そこで、ひとつだけ質問をさせてください。 文中に「他部署を対象として募集している
> 早期退職への応募だった」とあります。 これは具体的にどのように応募されたので
> しょうか? 上長経由なのか、それとも部門を担当する人事に直接交渉とか、いろいろ
> あると思います。 そもそも、他部門を対象にしている早期退職の募集に、対象として
> いない部門の者が応募できるのか、という疑問があります。
>
> もし、差し支えなければ、今後の参考にさせて頂きたいと思っておりますので、アドバイス
> を頂ければ幸いでございます。
>
> よろしくお願い申し上げます。
[2013/06/02 21:56] URL | 運はみんなに平等 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://soukitaishoku1210.blog.fc2.com/tb.php/1-5ef0397a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)