プロフィール

運はみんなに平等

Author:運はみんなに平等
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

早期退職を考える人たちへ
早期退職が盛んな日本の製造業。去るか、残るか悩んでいる人たちへの参考として私の経験を伝えます。 左下「カテゴリ」を目次代わりにしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受験勉強再開
会社を辞めて自由になる時間が手に入ったので、娘と一緒に受験勉強
したのが3年と少し前でした。はやいもので娘も今年高校三年生にな
りますが、相変らず勉強のほうはさっぱり。いいところがたくさんあ
るのでできるだけ伸ばしてあげようと勉強に関してはあまり口うるさ
くしてこなかったことがひとつの原因になっているのではないかと。

もう中学生の頃のようにはいきませんが、また親子で受験モードに入
ってゆくことにしました。毎日朝と晩、僅かな時間だけ一緒に勉強し
ます。

朝は6時に起きて6時15分から30分、英語の時間です。食堂のテ
ーブルに娘と向かい合わせに座り、それぞれが自分の教科書や問題集を
使って勉強します。教えるのではなくて揃って勉強する時間をつくる
ことでお互い習慣づけることにしました。

夜は数学か物理の問題を1問、一緒に解きます。これは難しい。中学
の頃はすこし迷っても教科書めくればああそか、と知ったかぶりして
その場その場で切り抜けてゆけましたが、高校生の数学や物理はそう
簡単にいきません。教科書読んでも、参考書めくっても、理解するの
に一苦労します。その部分だけ読んでもわからないからです。もっと
前の段階の内容を把握しないと理解できない。

ただでさえ不足気味だったところにもってきて還暦を来年に控え比重
の軽くなった脳ミソで大学入試問題と組み合うのだから無理がありま
す。

でもいいんです。なにも娘に向かって自慢したいわけじゃない。一緒
に考えて、一緒に解ければそれで大成功です。お互いにそうじゃない
だろう、こうじゃないのなんて会話しながら30分から一時間くらい
ごちゃごちゃと突込みあいながらひとつの問題と組みあう。

考え方のつじつまがあって答えに行き着き、巻末の解答と突き合わせ
大喜びしたり、唖然としたり。これがまた楽しい。時間が15分くら
いしか経っていなくても1問解いたらおしまい。今日は調子よかった
なあでおしまい。1時間近くたっても埒が明かないときは「棚上げ」
宣言しておしまい。ちょっと下調べして翌日リベンジします。

自分もすこしずつ解けるようになってくると、試しに来春にもう一度
どこかの大学の入学試験を受けてみようかなんて思ったりします。

本人は学校の宿題や定期テストの勉強もあります。いままでの勉強の
仕方には多くの改良すべき課題が含まれていることはまちがいありま
せんがそれを負担にならない程度の時間で気づいてもらえれば大成功
です。

どのように脳を使えば効果的に学習できるか、それは本人にしかわか
りません。ちゃんとした学習方法というのが見つけられるように周辺
を整備しようとしています。

私にとってはこれも「ちゃんとした現場づくり」のひとつのテーマに
なっているんです。

いい結果が得られるといいんだけど。仕事以上にどきどきします。


スポンサーサイト
印税の小切手が届きました
昨年10月にAmazonから電子書籍を出版しました。そのロイヤリティーが
小切手になってシアトルから郵便で送られてきました。横文字が印刷さ
れた封筒を見たときはまたクレジット会社からの案内かと思いましたが、
そのままくずかごに放り込まなくてよかった。

差出人がAmazonとなっていて、ネット購入品の精算に関する連絡なのか
と封を切ったら中に小切手がはいっていました。いや~、うれしかった。
そうか、売れた分だけの印税が送られてきたんだと判り大喜びしました。

もちろん金額はちいさいもので子供のお年玉程度ですがこれはうれしい。
自分の文章が人に買ってもらえて、そこから幾分かの割戻しが送られて
くる。この感覚はいままで感じたことがありませんでした。

今回送られてきた金額は10月初旬の出版から11月末までの精算分とのこ
とで、たぶん出版を宣伝した友人達が応援しようと購入してくれた分に
まちがいありません。みんなに背中を押してもらってるんだなあと友達
のありがたさが伝わってきました。

最近でも一週間に1冊、2冊、ぽつりぽつりとダウンロードしてもらって
いて、これまた励みになります。どこでどのような人が私の文章に出会
って、わざわざお金を払って読んでくれているんだろうと思うと不思議
な心持になります。

自分でも何度か読み返してみて言葉が足りてない部分、ムダな部分など
あちらこちらに手を加えたくなります。またもうしこし現場での経験を
積んだら、一段洗練した文章に書き換えてみようと思います。
井上ひさしさんの本から教えられた「自分にしか書けないことを誰にで
もわかるように書く」ことをもう一歩進めてみたくなります。

自分の考えを文章に表現してみようとすると、伝えるのに必要な字数、
ページ数の分だけ頭の中に展開する場所が必要になってくるようです。
ひろびろとした景色全体を眺めながら、個々に点在する小さな部分一つ
ひとつにも焦点をあてて正確に認識する力が求められているように思い
ます。この視界の広さと解像度の違いがそのまま文章の出来映えを決め
ているのでしょう。もっともっと感覚を磨いてゆきたいと思います。

このブログも3年を経過し、アクセス件数もこれまでで35万件を超えま
した。読んでくださっている方々に感謝しています。本当にありがとう
ございます。

最後にひとつ。Amazonから送られてきた小切手はU.S.ドル建てでした。
これを日本円として手にするにはとんでもない手数料がかかります。
小切手を現地銀行に郵送し、現地銀行が日本の銀行に手数料を差し引い
て送金します。それを日本の銀行が為替手数料を差し引いて私の口座に
入金する。この手続きで私が手にした小切手の額面はほぼ半分になり、
さらにここに来ての円高。なんだかなあ、って感じ。Amazonから出版
するときはロイヤリティーの受け取りを小切手でなく、銀行振り込み
にすることをお忘れなく。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。