プロフィール

運はみんなに平等

Author:運はみんなに平等
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

早期退職を考える人たちへ
早期退職が盛んな日本の製造業。去るか、残るか悩んでいる人たちへの参考として私の経験を伝えます。 左下「カテゴリ」を目次代わりにしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残り時間
 アベノミクスバブルで大方の企業の数値が良くみえるようになったこ
とでリストラ話がずいぶん沈静化したようです。新聞の記事にも解雇の
文字が見当たらなくなってきました。でも、気をつけてください。実態
はなんら変わっていないのですから。会計報告をする際に、最後にドル
から円に換算するときの「係数」が変わっただけなんですから。

東芝ではわざわざ利益を大きく見せて税金を余分に払おうというのです
から見上げたもんです。少ない利益からさらに多くの税金を払って社会
に貢献しとうとしたのでしょうか。だったら寄付すればよかったのに。

最近時間が自由に使えることも手伝って本をよく読むようになりました。
歩いて30~40分ほどのところのBookOff(古本屋さん)で物色します。
お好みは100円コーナーです。文庫本とか新書が並んでいます。100円は
うれしい。気になったタイトルの本をポイポイと買って帰ることができ
ます。

先日「ゾウの時間ネズミの時間」という話題になった新書を買いました。
後ろをみると1992年に発刊されたものでした。読まれた方も多くいらっ
しゃると思いますが、動物の体重とその生涯の関係についての統計値を
もとに様々な考察が加えられていて引き込まれます。動物はその大きさ
と体重によって生涯が決められているんです、統計的に。

冒頭に心拍数と寿命の関係についての話がありました。哺乳類は体重に
よらず心臓の寿命は20億回だというのです。心拍数の高いネズミは数年
で寿命をむかえ、心拍数の低いゾウは100年も生きると。ただこの時間
は私達人間の感覚として長い短いを感じているだけで彼らにとっての感
覚がどうなのかわわかりません。

そもそも旧約聖書の天地創造には神が7日間で宇宙を造ったと記されて
います。6日めに人を創り7日めに休みをとったと。でも今の科学では
宇宙が発生したのが数十億年前、人類が生まれたのが数万年前となって
います。聖書のしるした7日間は今の時間感覚とは異なるものだったの
でしょう。

余談ですが旧約聖書の天地創造の書き出しは「はじめに神は天と地を創
造された」(訳により文言は様々)とあります。ここで問題です。この
ときに神が創られた3つのものとはなんでしょう。天、地、もう一つは
時間です。「はじめに」は時間を表しているのです。ビッグバンと呼ば
れる宇宙の始まりはまさにこの時間の始まりでしょう。

今現在自分の働き方を探りながら生活している自分にとっていつまでに
何を終えていないと次に進めないのかと考えることがあります。本にし
たかったことは一応書き終え、いまは原稿を送った新聞社の裁定を待つ
ばかりです。そして昨日この英語版をとりあえず書き終えました。ただ
読み返してみるとなに言ってんだかわからない。文法もめちゃくちゃ。
添削と校正にはまだまだ時間がかかります。

そこで「ゾウの時間ネズミの時間」で書かれている哺乳類の心臓の寿命
20億回でした。計算してみたら私はすでにロスタイムに突入しているで
はありませんか。でもこれは平均値なので統計で習った標準偏差を考慮
してみました。標準偏差を平均値の10%とすると22億回で停止する割合
が64%になります。そこから10%上の24億回までがんばれる人を含める
と98%です。つまり24億回以上心臓を使えるひとは2%しかいないので
す。この年数は国民の平均寿命とは意味がちょっと違います。

標準偏差を含めても私の心臓はほぼ終わりをむかえていると考えたほう
がよさそうです。残された時間は少ない。そう考えて自分の人生を方向
づけてゆこうとあらためて自覚しました。

いつホイッスルが鳴ってもおかしくない私にとってこの本は大きな指針
を与えてくれました。皆さんの心拍数はあと何回残っていますか。やり
たいことはできそうでしょうか。ちょっと計算してみるのもいいです。


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。