プロフィール

運はみんなに平等

Author:運はみんなに平等
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

早期退職を考える人たちへ
早期退職が盛んな日本の製造業。去るか、残るか悩んでいる人たちへの参考として私の経験を伝えます。 左下「カテゴリ」を目次代わりにしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金銭感覚が変わってきました
 退職して2年、開業して半年が過ぎました。最近すこし感じている事
があります。それは自分自身の金銭感覚における変化です。

もちろん開業してたちどころに千客万来、儲かりすぎで麻痺してしまっ
たなどという夢のようなはなしではありません。そんなこと起こりよう
もないでしょ。

私はもともと気に入ったものは何でも欲しくなるといったタイプではあ
りませんでした。ブランド品はもちろん、衣服でもなんでも品物自体を
買うことがすくなかったのです。お金の使い途としてはもっぱら旅行と
宴会くらいだったでしょうか。

サラリーマンだった頃、それなりの給料はもらっていたはずですが今思
うとなぜかケチくさかったのです。ローンやら教育費やらで収入の割り
には手取りが少なかったこともあるのかもしれませんが、ひとつ物を買
うにしても、家族での旅行先での出費についてもどこかで「もっと安上
がりな方法はないのかなあ」などと考えてしまうのです。

反面、家内はあけっぴろげです。旅先で気に入ったものがあると躊躇な
く買ってしまいます。職場や友人へのお土産も、さっき買ったのにさら
に「これもおいしそうだから」などといって買い足したりするのです。
まあ、欲しいものなら買えばいいんだけど、と内心自分を説得にかかる
自分を意識することも少なからずありました。

サラリーマンの頃は給料でしたから、頑張ったからといって増えるわけ
ではありません。残業代も休日出勤手当てもありません。給料増やすに
は上司にゴマすって査定や役どころをあげてもらうしかないのです。

でもこの感覚が最近変化してきたのです。自営業となったので毎日の出
勤というものはありません。自由になる時間はたくさんあります。勢い
家族で出かけることが多くなりました。でも以前のような金銭感覚は薄
れてきたのです。

使った分だけまた稼げばいいじゃないか。もっと稼げるようになるため
頑張らないといけない。稼げなくなったら動き回ることもできないだろ
うから、稼げている内にいろいろやっておかなくちゃいけない。

こういった考えになってきたのです。いま契約している仕事もより充実
したものにしてゆかなければ更新はおぼつかないだろうし、仕事を増や
すためには自分を広く知ってもらわなければならない。そのための準備
や努力すべき事柄は山ほどあります。

これまでは使ったら減ってゆくお金が、使った分だけ増えてゆくような
感覚に近いのかもしれません。額面とおり消費ではなく投資に変えられ
るか。これからが正念場です。


スポンサーサイト
消えゆくソニー村
 ブログの更新を怠りスポンサー広告がだされるようになってしまいま
した。申し訳ありません。

じつはサボっていたばかりではなくて、ここのところ殆ど中国に滞在し
ていたためブログページにアクセスすることができなかったのです。

中国の報道管制はよくニュースで耳にしますが、実際に経験するとその
異常さがよくわかります。

仕事では頻繁にインターネット情報の検索を行ないますが、URLを指定
して検索ボタンを押しても表示されるのは「このページは表示すること
ができません」というメッセージなのです。

テレビも同様です。滞在しているホテルではNHKの海外放送を受信して
いたので夜9時のニュースなどは楽しみのひとつでした。でも香港デモ
の話題になると「ブツッ!」と画面が切れてホテルの案内ページに変わ
ってしまうのです。だれかが監視していて、中国政府に都合の悪い場面
になったら切断する作業をしているのでしょう。大変な国です。

中国出張される方は事前に必要な情報を集めパソコンに保存しておく事
をお勧めします。国内ではなに不自由なく手に入る情報も中国では締め
出されているかもしれません。大変な国です。

言い訳はこのくらいにして今回の本題にはいります。

自宅がソニーの近くにあるため、リストラに伴う事業所閉鎖の様子を目
の当たりにしてきました。昨今の報道でも山手線の五反田、大崎、品川
にまたがる「ソニー村」が消えてゆくというものがありました。

創業の地、御殿山の一角を占めていた大半の社屋はとうの昔に売却され
いまでは新しいオフィスビルとマンション、ショッピングモールに生ま
れ変わっています。この工事の様子は在職中もよく目にしました。実家
が取り壊されてゆくような気持ちになったことを思い出します。

品川から五反田に抜ける明治通りは通称「ソニー通り」と呼ばれていま
す。でもいまこの途を行き来するソニー社員はいないのです。

退職してまもなく自分の勤務先でもあった品川インターシティーC棟か
らの撤退がありました。地上30階、地下2階、1フロア面積2000平米を1
棟借り上げた設計拠点でした。一時は5000人くらいが働いていたように
記憶しています。

昨年秋、この棟から一切の灯りが消えてなくなりました。真っ黒で巨大
なガラス張りのビルがぬ~っと立っていました。最近になって漸くちら
ほらと幾つかのフロアに灯りがともるようになりました。何でも隣駅の
大井町にある日本光学が丸ごと引越ししてくるということでした。

ちなみに日本光学は大井町駅近くにある一番大きな会社です。駅からの
道には「光学通り」という名前が付けられています。ここも名ばかりの
道になってしまうのでしょうか。

先日、かつての同僚が早期退職をすることにしたとの連絡を受け五反田
で壮行会を行ないました。夕方、自宅からソニー通りを通って五反田駅
に向かう途中、旧ソニー本社前を通りました。

旧ソニー本社にはすでに灯りはなく、正面の車寄せは三角コーンとトラ
模様のバーで囲まれ、すでに呼吸していないことが伝わってきました。

壁面に貼られた紙をみると「解体工事」「着工2014年11月19日」とあり
ました。

またひとつ、もうひとつとソニーの一部が消えてゆきます。まだ生きて
はいるものの、足のつま先や手の指先など、抹消から順に細胞が死んで
いっているように感じます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。