プロフィール

運はみんなに平等

Author:運はみんなに平等
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

早期退職を考える人たちへ
早期退職が盛んな日本の製造業。去るか、残るか悩んでいる人たちへの参考として私の経験を伝えます。 左下「カテゴリ」を目次代わりにしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早期退職に心が動いたら始めておくこと

 7月8日にまたソニーが5000人の早期退職者募集を行うと報道されまし
た。国内1500人、海外3500人だそうです。

早期退職への応募は一朝一夕には決められません。そして決められない
まま機会を失い、また次の機会でも見送ることになっているようなこと
が起きてしまいます。

今回の募集に応募するか否かはさておいて、もし早期退職に心が動くの
であれば応募するまでにやっておくべきことがあります。それは社外に
広くチャンネルを持つことです。

これはなにも人脈をつくるということではありません。大企業の中の人
はすべからくマリンパークのイルカです。外海がどうなっているか何も
知らないのです。そのイルカが「なんかこの水族館つぶれそうだから」
といっていきなり大洋に泳ぎだせばたちまち餌にされるのがおちです。

もし再就職するとしてそれはまず間違いなく今より小さな会社になりま
す。大企業とは全くことなる生活習慣や人間関係があります。昼食ひと
つとっても社員食堂ですきなものを選ぶなどといったことはないのです。
仕出し弁当だったりするのです。

オーナー社長や創業以来の重鎮が彼らなりのやりかたで会社を運営して
います。そこに大企業流を持ち込んでも軋轢を生むばかり。周囲からは
途中入社で、大年増で、大企業を鼻にかけて、自分たちより多くの給料
をもらってなどと偏見をもって見られることもあるでしょう。

外の会社をよく見てください。会社の外ではなにが起きているのかを目
の当たりにしてください。それができる仕事に関わってください。

退職した後、取引先の営業担当か何かで再就職し元居た会社へ営業活動
するというのであれば社内に知り合いが多い方がいいでしょう。しかし
そうでない限り会社に残っている人たちは何の役にもたってくれません。
会社の中の人たちは会社の中のことしか判らないのです。応援したくと
も何もできないのです。

もちろん友人は精神的支えになってくれるでしょう。でも退職後も友人
でいつづけられる人達は実はそれほど多くはないのではないですか。似
た境遇の中で愚痴を言いあうだけの知人を友人と勘違いしていませんか。

会社は外部との接触の中で事業を行っています。何も外回りの営業だけ
ではありません。設計でも品質でも企画でも製造でも人事や総務だって
そうです。必ず社外との接点を持っているはずです。この接点を自分の
中に取り込んでください。

私の場合閑職に回されてからずっと発注先の事業所を歩き廻りました。
それも自部門の仕事でなく他部門が始めた仕事にプロジェクトメンバー
として加えてもらったのです。20数ヶ所の取引先海外事業所を歩き回り
ました。その中で大企業に振り回される中小の下請け業者やさらにその
下請け業者の仕事ぶりを目の当たりにしました。

いまの仕事はこの経験がものを言っています。巡り歩いた現場で起こっ
ていたことを自分なりの目線で整理し、自己流ながらあるひとつの視点
と手法を作りました。これがあると誰と話をしてもブレが起こりません。

大企業の名刺を持って接することができるうちに可能な限り多くの社外
の現場を体験してください。井の中からでもまず大海を見まわしてくだ
さい。それが次の人生に大きく役立ってくれるはずです。


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。