プロフィール

運はみんなに平等

Author:運はみんなに平等
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

早期退職を考える人たちへ
早期退職が盛んな日本の製造業。去るか、残るか悩んでいる人たちへの参考として私の経験を伝えます。 左下「カテゴリ」を目次代わりにしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株主総会があったらしい
 6月19日にソニーの株主総会があったそうです。新聞の記事にはなっ
たんでしょうか。18日から21日まで出張に出ていたので新聞を見ていな
いのですが、ネット記事を見る限りほとんど関心を持たれていないよう
です。

なんでも電池や映画のチケット、お菓子などのお土産を廃止したことで
総会への出席者が半減したとか。中には社長の説明に怒って途中退席し
た株主もいたそうです。

平井君に任せていたんでは安心感が持てないとの発言があり多くの株主
から拍手をもらったとの報道もありました。

期待に沿えず申し訳ない。変化への対応力が不足していた。今年は構造
改革をやりきる。などと発言したそうです。

でも何のために構造改革をするのかについては何ら発言がなかったので
す。ようするに売り上げに見合った経費にしますと社長が見解を述べた
のです。売上げが下がったら身の丈に合わせた会社規模にしましょうと。

なんかすごいですね。7兆円の売り上げと14万人以上の従業員を抱える
企業のトップが「売り上げが減ったのでそれなりの規模に縮小します」
「何年もやってきたのに追いつかず今年は必ずやり遂げます」と見栄を
切ったのです。

こんな会社ってあるんでしょうか。今後はこういった分野に新境地を見
出し必ずやかつての輝きを取り戻します。とか言うんじゃないんですか。
ふつうの社長は。首切りまくって赤字を減らしますっていう社長なんて
聞いたことない。

船が向かう進路をなんら説明せず、沈みそうだから積荷も船員も海に投
げ出す。これまで散々やってきたつもりだったがまだまだ足りなかった
と反省している。今年中に片っ端から海に投げ捨てます。そう言い切り
ました。バラスト水まで抜いて船を軽く見せかけたりしていませんか。
その後の船は何を燃料に、そしてどのような船員たちで操船するのでし
ょうか。船を軽くしただけでは航海を続けることはできないのです。

平井社長の発言には多くの出席者たちが失望したそうですが、無理もあ
りません。期待すること自体無理があります。アメリカでのプレステの
営業経験しかないのです。

平井一夫君は口もパクパク動いてるし、目もきょろきょろさせています。
一見生きた人間のように見えますが実は腹話術の人形なのです。それも
精巧にできているので素人目には見分けがつきにくいのです。

自分でしゃべっているのではありません。しゃべらされているのです。
人形に自分の意見などあるはずもないのです。だれにしゃべらされてい
るのかは判りませんが、株主総会に向け用意された原稿をなんの意識も
なくただ音声にしているだけです。原稿に書かれた内容の是非を判断し
質すようなことは全くできないのです。

エレクトロニクス、金融、保険、映画、医療、さらには不動産までその
裾野を広げた巨大企業の全容を仕切ることなどできようもありません。
ましてやド素人のエレキでは何ら人脈をもっていないのです。質問する
ことすらできないでしょう。ハワードと英語で会話してたというだけの
ことです。ハワード更迭後は孤立無援です。

ひと月前に行われた「経営方針説明会」を見てください。既存の商売で
たくさん売ってもうけますとしか言っていません。そして3000億円もの
リストラして1000億円の費用を浮かせるんだと。みんなが聞きたいのは
5年後、10年後には何の商売やってるのかってことなんだけど。

腹話術で卓越した芸人の「いっこく堂」さんに横に座ってもらえばその
実体がよく判ると思います。いちど試してみては如何でしょう。

場数を踏み、空虚な音声発信を続けるうちにその進化を遂げ、出番が終
わる間際のオチでいっこく堂さんに向かって「なんだよ、だったら始め
からお前がしゃべばよかっただろ」

もうええわ、やめさしてもらうわ。



スポンサーサイト
開業しました
 独立か再就職か。収入を考えながら実のところ心がゆれていましたが
やっぱり本音には勝てず開業することにしました。5月1日付の開業申請
を税務署と都税事務所に行いました。

これで契約していた再就職支援会社とも縁が切れました。1年半以上も
居座ってたおやじを追い出して担当のコンサルタントはポイントを稼い
だことと思います。私もハッピー、コンサルタントもハッピー。これで
私と契約した企業をハッピーな結果に導ければみんながハッピーです。

開業申請自体は何ら私たちの活動を拘束するものではありません。収入
の確定申告をする際、給与所得だったのかそうでなかったのかの記入欄
が違うだけです。

開業するということは商店街に店を構える八百屋さんや魚屋さんになる
ということです。わたしの場合は「ものの造りかたを一緒に考えよう」
屋さんになりました。

開業するとその収入は事業所得という扱いになるんだそうです。そして
得られた収入から控除できる額を除いた金額、課税所得に対し事業税が
課せられます。

法人にすれば自分たちの給料は経費として扱うことができて会社の収入
から控除できます。でも個人事業は自分の給料も事業税の対象になりま
す。もちろん得られた収入に対し所得税も住民税も年金も保健料も負担
しているにも拘わらず、さらに事業税を支払わなくてはならないのです。

税の重複だと窓口の担当者に伝えてみたものの明確な説明はもらえませ
んでした。ただ個人事業税は5%なのに対し、法人税は均等割り7万円に
加えて利益に対し最低でも税率20%以上が課せられます。

どっちが得なんだろうと考えたりもしましたが、いずれにせよ独立した
ことが大切なので税金との上手な付き合い方はゆっくり考えることにし
なんでもかんでも領収書を集めることだけ始めました。

そして何より意識をかえるのは自分が「独立した」と公に登録したこと
でしょう。時給900円のホビーショップのアルバイトも今までとは全く
違って見えてきます。

お金の為に時間を提供するのではなく、やりたいことの為に時間を割く。
サラリーマンのころは「今日は会社」「今日は休み」「明日から連休」
だったものが、いまでは一日の中でONとOFFが頭の中で行ったり来たり
します。つまり仕事は頭の中で行われていて私の体も時間も拘束しませ
ん。自分自身の使い方は自由です。

昨年勉強した簿記も役に立ってくれます。営業内容に「DIY」も書いた
ので、知り合いに依頼されたちょっとした大工仕事も「営業収入」にな
ります。ということは大工道具を買う費用は全部経費として処理できる
ことになります。これはいい。

早期退職し18カ月間の休暇を経てようやく視界が澄んできました。
やりたいことで生活して行ける。
やりたいことなら苦にならない。
そういう生き方もあるんだと実感できます。

外洋を泳ぎ自らの力で餌を捕える。そんな憧れていた状況が身近に感じ
られるようになってきました。いまはまだ近場の湾内を泳いでいる程度
ですが、来年そして再来年と海域を広げ、いずれは大きな海洋を自由に
泳ぎ回れるようになりたいと思います。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。