プロフィール

運はみんなに平等

Author:運はみんなに平等
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

早期退職を考える人たちへ
早期退職が盛んな日本の製造業。去るか、残るか悩んでいる人たちへの参考として私の経験を伝えます。 左下「カテゴリ」を目次代わりにしています。
退職後の世界

 もし自分が死んだらどんな世界に移るんだろう。宗教はこの一点に的
を絞って様々な解釈を用意してくれています。生まれ変わって新しい人
生を送るというものもあります。最後の審判のときに呼び戻され天国と
地獄が決められるというものもあります。

どんな世界が待っているのか、それは死者に直接教えてもらうよりあり
ませんが、それはちょっとできそうもありません。でも伝えられる処に
よるととても美しくて、ゆっくりとしていて、幸せだけに包まれる世界
のようです。

一方、退職後の世界は直接話を聞くことができます。退職した人たちを
つかまえれば詳しく教えてくれるはずです。しかし話に聞く死後の世界
のように一様ではありません。みごとなまでに様々です。

会社に在籍している私の同期のメンバー。役員クラスも多くまさに会社
を支えてきた面々が揃っています。その彼らがいま役職定年のもと前線
から後方閑職へと送り返されています。

その仲間たちから相談が寄せられます。どうしようかなあって思案して
いるのです。残ろうか、他に行こうか。このままいてもしょうがないし。
役職定年で職を解任された場合、依願退職扱いとはなるものの上乗せの
退職金が支払われるようです。ただし上乗せ退職金は役職定年になって
から確か半年で失効してしまうルールになっているとか。会社は早く辞
めさせたくてしょうがないようです。

そんな相談に私の答えはいつも同じです。「やりたいことすればいいじ
ゃない」と返します。

安定した収入が欲しいから再就職したい。でも再就職先では慣れなくて
つらい仕事や人間関係が待っているかもしれない。悩むなあと。

贅沢言うなよ。安定収入が欲しくて就職して、安定収入貰えているなら
それでいいじゃないか。やりたいことできてるんでしょ。

また様子の判らない会社に勤めるのはやだなあ。個人でできること、自
ら会社を作って自分らしい仕事がしてみたい。でも思ったほど仕事がな
くて収入が得られない。困ったなあ。

贅沢ゆうなよ。やりたいことできてるんでしょ。

どうしなきゃいけないのかと考えるより先にやりたいこと考えませんか。
やりたいことしながらだってやるべきこともできると思うんです。でも
この逆はむずかしい。やりたくないこと我慢してやりながら楽しむこと
はちょっと無理な相談ではないですか。

退職後の世界は様々です。どのような世界に入っていったとしても何れ
新人には違いがないのですから毎日が新しいことへの挑戦です。そりゃ
そうです。

やりたいことをやってください。やりたいことがはっきりしていなけれ
ばはっきりさせてください。必ずあるはずです。暫定案でもいいです。
迷ったらそれぞれの案に希望が持てる点、不安な点を書き出してみれば
いいです。だんだん考えが収束してゆくはずです。

大学を卒業する人たちとはちがって、何年もの長いあいだ社会で働いて
きた私たちです。その中で楽しかった時期を思い出してもいいし、綺麗
に見えた隣の芝生でいいと思うんです。感心の持てることに向かって動
きだしてください。最後のチャンスです。

なにやりたかったんだっけ。この最初の質問の回答を用意してください。
その結果、何も見つからなかったら「逆に積極的に」居続けることもひ
とつの答えかもしれません。


スポンサーサイト
すこしづつ回りはじめました
 再就職を回避してなんとか自立の道がないかと、でも実はのんびりと
構えてきました。3月末を期限と決め、自立できるか、再就職せざるを
得ないかの結論をだすことにしていました。

結果からすると自立できるだけの環境を整えることはできなかったもの
の、やっぱり再就職はしたくないと消去法で結論をだしました。

でもこの本音に忠実っていうのはやはりいいように思います。少しずつ
まわり始めたように感じます。

退社して1年半になるので就職支援会社での在籍も1年半になります。
担当のコンサルタントが交代し、もういいかげん就職先を決めてくださ
という暗黙のメッセージが送られてきます。そこでちょっと工夫してみ
ました。

私が所属する支援会社はソニー在職中にソニーの費用で契約してくれた
支援会社です。無料の紹介会社とは異なり、就職がまとまってはじめて
売上げが立つという成功報酬型ではなく、登録時点で入会金を支払うこ
とで斡旋を請け負う会社です。入会金は100万円とも言われています。

なので1年半にわたりのうのうと在籍していた私は斡旋会社にとっては
お荷物そのものです。再就職したくないとかわがまま言ってばかりいな
いで、さっさと行けるところに行っちゃってくださいよ。そう言いたく
てしかたがなかったのでしょう。

そこで私は自立できる仕事を探してくれるよう依頼してみました。求人
内容を単に紹介してくれるだけなら無料で登録できる**ナビとかいく
らでもあります。でも前金受け取って本人の役に立つ働き方を斡旋する
のが仕事なら、私の希望する仕事を探してもらいたい。

これを素直に新しく私の担当になった若いコンサルタントに伝えました。
○○という会社があなたのキャリアに合った求人をしていますが応募し
ませんか、と情報をくれます。たしかにその仕事は私が求めている職種
に違いないが、再就職はしたくないから非常勤の顧問契約でいいか確認
してほしいと要求しちゃうのです。ひとつの会社に縛られたくない。

オマエ仕事欲しくないのか、と言われそうですが私が欲しい仕事はそう
なんだからしょうがない。

紹介会社から提示された再就職の案件に対しこの要求をだしてみました。
すると、なんと役員さんが面談に出向いてきてくれたのです。仕事には
大変興味があるがフルタイムでやるものでもなさそう。コーチとしてプ
レーヤーとの接点を持ちながら、自分自身の時間も持ちたい。面談では
そのように伝えました。非常勤を希望する話は担当コンサルタントを通
じて事前に伝えてはあったのです。執行役の方は面談が終わったときに
「話していて楽しかった」と言ってくれました。

また会社の先輩からの紹介でベンチャー企業が発案した機器の量産化を
サポートする話がきました。商品仕様の具体化から、生産までのプロセ
スを提案し、設計仕様、サービス体制、コンプライアンス、設計者や加
工業者の手配などの支援を仕事として請け負いました。大企業が行うプ
ロセスの何分の一程かの費用でこのパスを通す事が私の仕事です。

なんかワクワクします。自分には想像とおりの手順で仕事ができるんだ
ろうか。結果は依頼者含め満足のゆくものにできるんだろうか。楽しみ
です。やり甲斐があります。

うまくいったら、大企業の1/10の費用で量産化するプロセスの指導
を仕事に加えてみようかとも思ったりします。

会社の仕事でなく、自分自身の仕事を日常にする生活が少しずつ回り始
めたかと思うと楽しくなります。もっともっとあちらこちらに手を広げ
てみたいと思うようになります。