プロフィール

運はみんなに平等

Author:運はみんなに平等
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

早期退職を考える人たちへ
早期退職が盛んな日本の製造業。去るか、残るか悩んでいる人たちへの参考として私の経験を伝えます。 左下「カテゴリ」を目次代わりにしています。
大丈夫なんだろうか
 久しぶりに会社にいたころのメンバーに誘われて宴会に参加しました。
やっぱり楽しい。今から15年ほど前のメンバーたちでした。多少という
以上に薄くなったおじさんや、かっぷくのよくなったお譲さんたちとの
楽しい時間でした。

時間が経っても友達は当時から変わっていませんでした。しかしだれもが
私が辞めたのと同じ不安を持っているようでした。このまま持ちこたえら
れるのかなあなどと。

ふと気になり2013年度第1四半期の業績を見てみました。ニュースにも
なんにもならなかったので発表からすでに一カ月経過した今頃になって
第1四半期、4月~6月までの業績報告を見てみることにしました。

何にも進歩していませんでした。確かに数値的には売上げ、営業利益共
に昨年同期比で向上していました。税引利益は4倍の463億円に膨らんで
いました。牽引役はスマートフォンで全体の営業利益364億円の内約8割、
341億円を稼ぎました。とはいえ為替による追い風売上げが624億円との
こと。なんだ、それだけのことか。

これまでのドル箱デジカメやビデオカメラは円安追い風300億円の売上
げをもってしても200億円の減収、45億円の減益です。ゲームもテレビ
もデバイスも為替の追い風を外せば減収、減益でした。そりゃそうでし
ょう。同じ事を続けていれば同じ結果にしか至りません。

さらに2013年度末の見通しではビデオカメラ、デジタルカメラ、パソコ
ン、液晶テレビと5月見通しからの下方修正が連なっています。スマホ
だけが頼りの経営です。

ところが数日前、NTT-DocomoがiPhoneの発売を決めました。これまでの
ソニー&サムスンのツートップ戦略に見切りをつけSoftbank、auと同じ
土俵で戦うことに。エクスぺリアの運命や如何に。

商売は右肩下がりの円安だのみ。自力での改善はなにもありません。社
内の雰囲気、職場の潜在的ストレスがどれだけ悪化しているか想像に難
くありません。システム系子会社の売却も報告されています。まだ売れ
るものがあったんだ。ゴーン氏が来たころの日産が銀座四丁目の日産ギ
ャラリー(本社)を売却したように、売り物はソニービルしかないと思っ
ていた私は素人でした。

でも今でも会社に残っていたら間違いなく心が壊れていたでしょう。毎
日、毎日この衰退に接していて、策の見えない職場に居て、具体的指示
のないなかでの生活は大きなストレスをもたらしていたとおもいます。

会社を辞めると不安が大きいでしょう、と質問されたことがありました。
でもそれは違います。会社を辞めて、不安に思うことは一つだけです。
自力で生活できるんだろうか。それだけです。

でも会社にいたころは夥しい様々な不安が渦巻いていました。0.1秒毎
に入れ代わり立ち代わり脳と心を支配していました。考えを整理する時
間を与えないように仕組まれているかのようでした。

やっぱり辞めてよかった。

今期計上してある500億円。これ最後のチャンスかもしれません。


スポンサーサイト
揺れます
 失業保険をもらいながら自分がやりたいこと。自分にできること。そ
して続けられることなどを考えながら過ごしてきました。そんなこと会
社辞める前に準備しておけよって思うかもしれませんが、でもそれはで
きなかったんです。

会社の中にいればその流れに沿った活動が求められます。たとえそれが
意味のないことのように思えてもある部分従わざるを得ません。サラリ
ーマン、それが中間管理職の仕事だろうとでも言われているかのように
そうしてしまいます。

意味のない、無駄な、まるで判っていないと思われるような方針や指示
に対してでもそれなりの反応は必要です。でも方針や指示が出ていれば
まだいいほうだったのかもしれません。無意味な領域にの中にも何とか
意味を見出す手段を考えようとしてもがきます。だれもがその葛藤の中
に押し込められているはずです。

そこから解き放たれて自由になりました。あんなこと、こんなこと沢山
の思いと希望をもって自由になりました。間もなく一年になりますが、
この思いと希望はいまだに持ち続けています。

でもその道程は決して直線ではなく、右に左に、上に下に、そして捻じ
れたりしました。いまだにそうです。目標に向かってまっしぐらに進ん
でいるわけでは決してありません。在職中に多少なりとも準備ができて
いればこの揺れは少なかったはずですが、そうだとしても現実の中でや
ってみれば予想もしていなかったことにぶつかるはずです。

それでもいまだに後悔はありません。もし収入だけに固執して会社に残
っていたらそれこそ心が壊れていたように思います。揺れていいのだと
思っています。揺れが大きいほど様々なことを経験します。それが残り
の人生の幅を広げてくれるんじゃないかと希望を持っています。

自活への希望をもってまずは10月の試験をクリアしなければ。やってみ
ようと思っても、やっているうちに無意味に思えてくることがあります。
こんなことやっても無駄だろうと。でもそれを繰り返していては何にも
残らないでしょう。やってみようと思ったことは結果がでるまでやる。

結構大変ですが、勇気をもって実行することがチャンスを逃さない秘訣
だと決めました。運は向こうからやってきます。追いかけると逃げてゆ
きます。やってくる運を逃さないよう、準備を続けようと思います。