プロフィール

運はみんなに平等

Author:運はみんなに平等
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

早期退職を考える人たちへ
早期退職が盛んな日本の製造業。去るか、残るか悩んでいる人たちへの参考として私の経験を伝えます。 左下「カテゴリ」を目次代わりにしています。
組織を離れたら自ら発信しよう
 会社にいる間は言いたいことも言えず、言ったところで被害を大きく
するだけ。そんな思いがあるのではないですか。仕事の方向を決める責
任は部長以上の仕事のはずなのに丸投げされて、さんざん金にもならな
い残業して作っても「そうじゃないだろ!」ってなもんです。

反発したら倍返しが待っています。そんな職場になってはいませんか。
斜陽の職場っていうのはどこもこんなもんです。何したらいいか判らな
いけど責任は取りたくない高額所得者が部下に丸投げ。指針もないまま
資料だけ作らせておいて、これじゃ「俺の上役」が納得する訳がないと
思って叱責し、ひどいときは罵声を浴びせることもあるでしょう。安っ
ぽいテレビドラマさながらの光景が実は現実なんです。ばかばかしい。

上り調子の時はいいです。そのまま「やれ~!」ってなもんで檄飛ばし
ていればいいんですから。売り上げも増え、職場も次々にメンバーを増
やし、先輩面できるは給料もボーナスも増えるはでなんの軋轢も生まれ
ません。

しかしいったん下り坂にさしかかると、次何していいか判らない連中が
ほとんどです。役員クラスから「何するんだ!」がバケツリレーされて
現場の担当者に「お前たち、何すべきか判ってるんだろうな!」になっ
て厳命が下ります。

質問でもしようものなら「それを考えるのがお前たちの仕事だろ」位の
逆切れセリフが戻ってきます。経営者に案がなく下に聞く。下も案なし
でさらに下に聞く。その連鎖が繰り返されます。中にはいい案が提示さ
れることもあるはずです。しかしもともと方向性を持ち合わせない上役
達にその判断ができるはずもなく没になります。

食べたいものがはっきりしていないからファミリーレストランに入った
のに、はっきりしていないからメニュー見ても決められない。絵に描い
たような落語、コントのネタに陥るわけです。

そんな組織とは縁を切って、自分の意見が自由に発信できる立場に移動
しませんか。日本は社会的には意見の自由が一応、保証されています。

そこで、会社から離れたら自分の考えや行動をどんどん発信してくださ
い。サラリーマン時代には思ってもいない世界や人たちがたくさんある
ことが判ります。でも自分から発信しなければ何の感触も得られません。
生簀にいたときと違い向こう側から餌が投げ込まれることはないのです。

だからこそ自由な生き方です。自分から積極的に餌を求めてその存在を
アピールしましょう。発信の仕方はいくらでもあります。

私の場合を例にとると私と同じような状況にある人達に対しこのブログ
を書き始めました。早期退職は日常茶飯事のように行われているにも拘
わらず当事者の扱われ方やその後についての情報が全く閉ざされていま
した。私を送り出してくれた友人たちはじめ、同じ思いにある人たちに
伝えようと思ったからです。

好きだった職人仕事を追って迷惑も顧みず訪ねてあるきました。その方
から新しくできた仕事のメールを頂いて感激しました。東京都が実施す
る職業訓練講座にも参加しました。電気工事士の講師の先生は女性で私
の一回りくらい上でしょうか。またその講座には私より30歳下くらい若
い人達が多く参加していて、刺激を受けると同時に私も刺激を与えてい
たはずです。

直近ではDIYアドバイザークラブに入会しました。会員は40名たらずの
こじんまりとしたDIYアドバイザーたちのサークルですが皆さん私より
20歳ほど上の方々ばかりでした。最年長の方は90歳すぎとか。女性会員
も何名もいらっしゃいます。卓越した日曜大工愛好家から教えて頂くと
共に、私の作品などを紹介し批評をもらうことでコミュニケーションが
始まります。

上から餌が放り込まれる「生簀」を出て自ら泳ぎ始めると自分自身を確
認する作業が待っています。と同時に就職面接への応募に限らず自ら発
信、主張しなければその存在を知る人は出てきません。上から与えられ
るものはなにもないのです。

どんどん出張ってゆきましょう。自分を意識する人達を増やしましょう。
その中から自分の本質が見えてくるような気がします。批判を恐れずに
発信しましょう。それこそが自分に自信を与えてくれる行動だと思いま
す。


スポンサーサイト
出たきり浪人(でたきりろうにん)
 浪人生活を始めてはや9ケ月目に入りました。最初のうちは様々な手
続きに奔走し、一段落ついた頃からやりたかった職人さん巡りをはじめ
ました。最初はもっと多くの職場を訪ねて廻りたかったのですが個人で
の見学や体験を受け容れて頂けるところは思った程はありませんでした。

そのような外回りの活動が一巡し、確定申告も終えた2月以降は自宅で
過ごす時間が多くなりました。

よく聞く話ですが、お盆や正月に久しぶりに実家に戻っても歓迎される
のは初めの2~3日で、だんだん邪魔者扱いされてゆくとか。浪人も同じ
境遇だと思います。

自宅で早々に仕事が始められれば家族からも「開業」として見てもらえ、
応援ももらえると思いますが、失業者はそうは行きません。仕事もなく
ひねもすなにやってんだろうといぶかしがられる存在になっていっても
不思議はありません。

我が家も例外ではないように思っています。直接何らかのクレームをも
らったわけではありませんが、そう感じられている節もあるだろうと。
そこで最近は図書館を利用することにしました。これはお勧めです。

平日の図書館の閲覧室はひたすら勉強する人たちのたまり場です。誰も
が黙々と本やノートに向かっています。たまにサラリーマン風の人がパ
ソコン打っていたり、雑誌読んで休憩?したりしていることもあります。

いずれにせよ周りが勉強家で囲まれますから集中できます。エアコンも
効いています。静かです。必要な調べものは書棚からいくらでも手に入
ります。そして失業者にはうれしい無料です。

私は朝9時に図書館に向かいます。午前中の3時間で3科目の自習を行い、
昼に戻ってニュース番組みながら昼食を摂ります。私の家内は昼からが
仕事なので、ちょうど入れ替わりになります。ここがミソです。

朝いちばんに起き、朝食を作って子供を学校に送り出し、洗濯と掃除を
終えると、出勤までの1~2時間が家内の自由時間です。この貴重な時間
をいままで通り、一人で、自分のペースで楽しめることが大切だと感じ
ます。

午後は逆に私が一人で自宅にあって、食堂で試験勉強したり、ベランダ
で木工を始めたりと好き勝手に過ごしています。

不安を抱えているのは本人だけでなく家族も同様です。仕事もなく今後
の予定も儘ならない中、余計な摩擦は極力避けるべきでしょう。人と人
の関係はそれがたとえ家族であっても自浄作用を超え、オーバーフロー
させてしまうと修復がきかなくなります。お互いの心が壊れてゆきます。

浪人生活で最も恐れることはこの心の障害が発生することでしょう。そ
うしないよう生活習慣にも工夫が必要です。いちど壊してしまうとそれ
こそ取り返しがつきません。再就職など吹っ飛んでしまいます。

私の場合はDIY活動の拡大のための電気工事士や、憧れる独立起業が果
たせたときの準備として簿記を選びました。工業高校や商業高校生たち
が在学中に取得する程度のものです。なんとかなるだろうと。勉強する
科目が決まれば、あとは図書館で過ごせはいいのです。

職探しやあてのないインターネット検索など、あまり家族に見せるもの
でもないでしょう。そういった作業は同じ境遇の人たちが集うハローワ
ークや就職支援会社のパソコンを利用したほうがいいです。

せっかくの時間、つまらない軋轢を呼び込まないよう生活のパターンを
工夫をしましょう。「出たきり浪人」、これがいいと思います。


要注意、国民年金の減免更新手続き
 退職とともに申請した国民健康保険と国民年金の減免措置。年度が改
まり更新の時期がきました。国保は所得分を30/100としてくれる制度で
す。国民年金は世帯としての所得が課税所得に満たない場合、全額免除
してくれます。

国保は所得に比例する部分と、所得に関係なく負担する部分があるので
全額免除とはなりませんが、所得比例分の70%引きは大きいです。国保
の所得比例分は課税所得の約10%です。課税年収500万円なら50万円も
納付しなくてはなりません。これが15万円まで軽減されるのですから使
わない手はありません。

国保も国民年金も7月1日が切り替え日です。

国保は昨年の確定申告での所得を基に、すでに軽減額として計算され納
付書が送られてきました。でも年金は役所に行って更新手続きが必要で
す。昨年度の減免通知書と雇用保険受給者証があれば手続きは簡単です。
7月1日を待ってさっそく手続きをしてきました。

でも品川区の区役所ではこんなことを言われました。

「じきに国民年金の納付書が郵送されてくると思いますが、無視してく
 ださい。納付する必要はありません。もし納付してしまった場合でも
 納付金額は一切返金されませんので注意してくださいね。」

なんと。免除はするけど払いたいなら払っていただいて結構ですという
ことらしいです。まあ、理屈は通っているようにも思いますが、年金は
クーリングオフの考え方が通用しないようです。

更新手続きは7月からですが、納付書はそれ以前に作成、発送されてい
ます。7月から即納付させるためでしょうが、この辺が役所のおもしろ
いところです。国民年金の保険料は所得に関係なく月額15,040円です。
だから自動的に発送できるのかもしれません。

我が家にもさっそく7月2日に納付書が郵送されてきました。素早いです。
確かに納付書には減免手続きの申請方法が書かれたチラシも入ってはい
ました。

払っていけないわけではありません。でも、くれぐれもご注意ください。