プロフィール

運はみんなに平等

Author:運はみんなに平等
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

早期退職を考える人たちへ
早期退職が盛んな日本の製造業。去るか、残るか悩んでいる人たちへの参考として私の経験を伝えます。 左下「カテゴリ」を目次代わりにしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅草の靴職人さん工房②仕事を目の当たりにして
 靴はあらかじめデザインされたスケッチに基づき、型紙を使って裁断
された革を美しいステッチで縫製された革を木型に被せることで形づく
られていきます。靴については全くの素人ですが、生産技術屋として靴
づくりを一言で表すと「縫製された革をどの方向にどれだけ引っ張って
木型に沿わせるか」を競う技術のように感じます。ただこの作業に入る
前にお客さんに合った木型を製作するプロセスがあります。足型をとり、
あらかじめ用意されている標準型からの差異を削ったり、足したりしな
がらお客さんの足形に合わせて修正してあります。木型は専門の職人さ
んが製作するそうですが、出来上がった木型にさらに細かな修正を加え
お客様の要望に沿ったものに仕上げるのは靴職人さんの仕事です。

末光さんの作業を見ながら聞かせて頂いた話しですが、じつは靴の中で
足は様々な圧迫を受けているというのです。それも足のどの部分がどの
程度押されていると心地よく、緩んでいるとぶかぶか感じる。また過度
に押されると「当たっている」として痛くなります。

私達が店頭で買う「革靴」はいくらくらいでしょう。私が履いている靴
で高いものでもせいぜい2~3万円程度です。それでもこのような靴を買
うのにはそれなりの勢いがないと買えないレベルです。しかし靴職人さ
んが扱う靴はそれとは桁違いです。末光さんのホームページによると25
万円からと記載されています。靴を保管するために中に入れておく保管
用の木型というものもあって、これは靴とは別に1万5千円程だそうです。

靴を注文する人たちはこの価格に合う性能をもとめているのでしょう。
また市販の靴で満足できない人達です。履いた具合がしっくり来ない。
どこかが当たる、どこかが緩いといったきめ細かな評価尺度を持ってい
る人たちだと思われます。お金があるから注文するのではなく、自分の
足にとって快適な靴を求め相応の金額を支払うことを厭わない、手強い
相手です。

足型を採る際、裏側にインキを塗ったシリコンゴムの上に乗ってもらい
下に敷いた紙にどの程度のインキが転写されたかで足裏の面圧を知ると
共に足の輪郭をなぞり、外形を記録します。ですが足の形は体重のかか
り方で変化するそうす。確かにそうでしょう。前のめりになれば前が横
に広がり、後傾すれば踵が膨らみます。また足型を採るときは素足です。
靴の中では周囲から相応の圧力を受け、足が変形しているとのこと。数
十万円を支払おうというお客様はそれらをすべて網羅した上で快適な靴
を求めています。

縫製された革を木型に沿わせて行く過程で、中心をずらさないよう大ま
かに靴中敷を巻き込んだ形で木型に釘止めしてゆくと先回ご紹介しまし
た。大体の位置が決まったら、部分的に釘を抜き(たぶんゴム系の)接
着剤を中敷革の下と甲側の革に塗布し、また釘で止めてゆきます。粗く
とめた部分を真ん中からまた引っ張って止め、徐々に細かく止めてゆく
と同時にハンマーで叩き接着してゆきます。接着が完了すると止めてい
た釘は抜きとられます。

もっとも細かな部分はつま先です。革を引っ張り、畳むようにひねって
止めてゆきます。表面に皺が残らないよう、そして靴裏で凸凹にならな
いよう、引っ張り具合、そして畳み具合を革と相談しながら進め、最後
は中敷革の裏側は数ミリ間隔くらいの細かな「ヒダ」で覆われてゆきま
す。引っ張り、釘止めされてゆくヒダの間隔は数ミリレベルです。

靴を履いて歩くとき、靴は土踏まずのちょっと前のあたりで折れ曲がる
ように変形するそうです。そしてつま先と踵の部分は変形してはいけな
いのだと。特に踵の部分は足を踏み出したとき強く体重を受け止める必
要があるため強固にする必要があるとのことです。つま先には樹脂性の
芯が、踵の部分には厚手の革が芯材として追加されています。踵に用い
る厚い硬い皮は先の丸くなったハンマーで叩き、まるで鍛造品のように
形が整えられてから貼りこまれてゆきます。

甲側の革はこのようにして木型に沿わせられ形づくられてゆきます。こ
の際、あまり革を引っ張りすぎると型からはずしたときに形が変わって
しまうことがあるそうです。残留応力が残っている訳です。

木型に沿わせる工程で最も難しいのは「足の甲」の部分の成型ではない
かと思います。足の甲の部分は横から見ると下に凸の曲線になっていま
す。木型の基準位置は足首の部分ですから、つま先側に引っ張りすぎる
と革はピンと張られ下凸の形状から離れ、直線的につま先に向かいます。
しかもつま先の曲線が最もきつく、十分に引っ張らないと形が作れませ
ん。革が発する「ひっぱりすぎだよ」などといった声を聞きながらバラ
ンスをとってゆく。

足の甲は横から見ると下に凸ですが、前から見ると上に凸です。たぶん
横に引っ張れば甲の曲線に沿い、前後に引っ張ると甲の曲線から浮いて
しまうのではないでしょうか。つま先のきつい曲線にあわせると同時に
革を横方向に引っ張り先端と甲の双方が木型に密着する。しかも全体の
バランスを崩さず、縫製したステッチのラインが美しく見える位置に配
置する。

これらの微妙なバランスを、毎回左右ですら異なる革の性質と会話しな
がら進めてゆくのだと思います。これは至難の業です。何しろ靴は右足
と左足があり、並べたときに左右対称に仕上がっていなければなりませ
ん。

そしてさらに難しいのは最初に書いた「お客様が満足するフィット感」
を実現することです。靴の中で足は様々な方向から圧力を受けています。
歩いてきるときなどはさらにその分布は複雑です。これらを素足で平ら
な「型採りゴム」の上に置かれた足から読み取る必要があります。何回
も繰り返し作ってきたお客様の足なら勝手知ったる作業かもしれません。
しかしどのお客様も「お初」からスタートします。それも高価な靴です。
初日に白星が出せなければリピートは得られないでしょう。

私はその場を目の当たりにしていませんが、たぶん始めてのお客様が見
えたとき、巧みに語りかけどのような靴の履き心地を求めているのか。
採られた足型から診てこのお客様が市販靴のどこに不満があるのかなど
測定データには現れないニーズをきめ細かく把握し『このような靴を探
していたのではありませんか』と出来上がった靴を以って提案できるこ
とがまさに匠の技だろうと思います。

使い込んだ木型の裏には無数の釘穴があいていました。同じお客様から
何回もの注文を受け製作してきた歴史です。それほどの期待に応えてき
た靴工房の職人さんとの3時間半はとても楽しく、充実した時間でした。

訪問の最後にフィレンツェでオーダーメイドされたある日本初のプロサ
ッカー選手の靴がメンテナンスのためドック入りしているのだと見せて
いただきました。同じデザインで作られた短靴とハイカットのブーツで
した。スエード製のとても美しい靴でした。

末光さんは週に一日、青山の根津美術館近くにある紳士服店「Tie Your
Tie」にて靴の製作や修理、接客なども行っているとのことでした。一
度店を訪れて話を聞かせてもらっては如何でしょう。靴を注文しなくと
も気軽に応じていただけるはずです。時間を割いてプロの話に耳を傾け
てみませんか。得るものはとても大きなものに違いありません。


スポンサーサイト
浅草の靴職人さん工房①
 台東区手作り工房巡りの最初は「The Shoe Work Shop」という靴工房
でした。前にも書いたとおり見学、体験を申し込むにあたりまず現場巡
りをした際に予約させていただいた工房です。

末光 宏さんという方が個人で経営されている、いわゆる作業場でした。
広さ10坪ほどの作業場の中央には畳一枚分くらいの作業台に靴の革を
裁断する型紙や作業工具が置かれていました。入って右側には工具抽斗
や接着剤などが収納されている机、その前には椅子、さらに頻繁に使用
する工具や材料が収められている木製のワゴンがありました。

作業場の周辺には縫製に用いるものでしょうか、工業用ミシンに似た機
械が4~5台ほど置かれていました。たぶん革を縫う機械、底を縫い合わ
せる機械など工程ごとに必要なものだと思います。遠めにはやはりミシ
ンのようです。

約束の10時にドアを押したところ、末光さんはすでにスタンバイしてい
ました。『やあ、どうも』と心安く声をかけてくれて、椅子を差し出し
紅茶を入れてくれました。この段階でもうメロメロでしょう。

2代目、3代目、いつの頃から浅草で革製品を扱っているのかと聞いたら
なんと『私が初代なんです』と意外な回答。靴製作会社に就職したけど
客の言い分と職人の言い分、どちらも切り捨てることなく仕事を進める
ことの難しさを知り、自分で作れるようになるのが早道と決め革靴業界
では聖地とされるイギリスに留学し、一年半学び仕事を始めたとのこと。

予約に伺った時に話されていたように、靴にする甲側の縫製はすでに終
えてあり、靴の木型に嵌めて形作る工程の準備が整えられていました。
私がお願いしたため、わざわざこの日時に合わせて準備してくださった
のです。

縫製された革を木型にかぶせます。木型で作られた足首にあわせ革を被
せます。そのとき縫製された革に設けられた靴紐の穴に太めの糸を通し
編んで結んでおきます。この結び方がきつくても、緩くてもだめです。
ちょうどいい具合に紐を締めて型に被せてます。

木型の底には靴の中底となる厚手の革が付けられています。靴を注文す
るお客さんは市販のものでは満足できない方たちです。足の形は千差万
別、自分の足にあった、歩きやすい靴がほしいひとたちが注文に訪れま
す。足型を採る際、足の平のどの辺りに体重が分布しているかを調べて
おきます。

大きな加重がかかっている部分は濃い色がでるようになっています。木
型はこれらの計測結果に基づき靴木型専門の職人さんが製作しています。
加重が大きい場所は、足の平が出っ張っている訳です。靴木型もそれを
再現するように製作されています。

中底の厚手の革をこの木型に合わせると、木型の出っ張っている部分が
下に膨れてきます。そのまま底をつけると底まで凸凹してしまうために
中底を木型に貼った時点で、その裏側の出っ張った部分を漉いてゆきま
す。中底の革裏を削いでゆくわけです。

凹凸が亡くなったら甲側の革を中底の裏側に回すように引っ張ってゆき
ます。足首の位置や革を縫製しているステッチ(縫い目)の位置を確かめ
ながら、要所要所を木型の足底に釘止めして行きます。木型は靴を注文
した個人のものです。同じお客さんが多くの靴を注文すると一つの木型
でたくさんの靴を作ることになります。なので、木型の底には無数の釘
の穴が残ることになります。釘が打てないくらい穴が空いたら木型を作
り直す必要があります。そういうお客様もいるようです。

書いているとどんどん書きたくなります。長くなるので一旦区切らせて
ください。続きを書きます。


台東区の工房巡り
 そもそも浅草の職人工房巡礼に出ることは三年前から考えていました。
台東区が発行している『台東区 手作り工房マップ』という小冊子を手
にしたためです。家族で浅草にサイクリングに行き、雷門前の観光案内
所でもらいました。浅草は革工芸をはじめ、江戸指物、べっ甲、金細工、
ガラス工芸(江戸風鈴)などなど、様々な職人さんが集まっている町で
す。それはそうでしょう、江戸の昔から粋な町として栄えた中心地です。

『手作り工房マップ』にはこれら職人さんたちの工房が100近くも紹介
されていると同時に、それぞれの工房が提供してくれている見学や体験
コースが記載されています。私の手帳の1ページ目には「退職したらや
ること」としてこの職人さん巡りが書きとめられていました。それを漸
く実行に移すことができました。

パンフレットには見学も体験も電話で予約するよう書かれています。し
かしどのような内容なのか判らない部分も多く、まずは現地を訪問して
話を聞かせてもらい、その上であらためて予約をしようと浅草に出向き
ました。訪問を予定した工房は10箇所ほどでした。

木工を趣味にする私にとって最も関心が高かったのは「江戸指物」工房
です。5~6件ほど掲載されていました。その中から体験コースとして最
も長い4~5時間と書かれていた工房を筆頭に3件、靴工房、革細工工房、
襖引き手の工房などを地元の区営バス「めぐりん」の1日乗車券300円を
購入し一日かけて回りました。

中には修学旅行を対象に行っているため個人では開催できないとの箇所
もありましたが、それも5人ほど集まれば開催して頂けるとの事。ぜひ
参加者を募集したいです。また訪ねた指物師のお店は閉じられていて、
インターホンで呼んでみると『ああ、わざわざ来てもらって申し訳ない。
昨年肺を半分取っちゃって仕事休んでるんです。来年の春にはまた始め
ようと思っているからまた寄ってみてください』との回答。職人さんの
高齢化が進んでいることを痛感しました。


最初に見学を承諾いただいたのが靴工房の「The Shoe Works」という店
でした。末光 宏さんという四十半ばくらいの方が一人で運営している
オーダーメードシューズのお店です。ここがすごかった!

店の扉を開け、中にいたご主人に「手作り工房マップをみて歩いている
んですが」と告げ、靴作りを見学させていただけないかとお願いしてみ
ると、何と、『そうですか。今日は型紙作って裁断しているだけなので
面白くないでしょう。ちょうど来週の仕事の計画を考えていた処です。
水曜日では如何ですか。縫製した革を木型を用いて靴の形にする作業を
お見せできると思います』と。

こんなこと言われたらうれしくて言葉になりませんね。一枚の革を引っ
張り、伸ばし、畳んで足の形に合わせる。どうすればそのようなことが
できるのか不思議でなりませんでした。引っ張って底に回したところで
皺だらけだろうし、そもそもなんで皺もなくあのような自由曲面に仕上
げられるのか。

引っ張る前の革はどのような形をしているのか。引っ張った後の固定方
法はどのようにしているのか。どう引っ張れば形が整うのか、使ってい
る道具はどのようなものなのかなど不思議の塊でした。それを目の当た
りにすることができるんです。水曜日が待ち遠しくてなりませんでした。

皆さんの中で靴の製作工程をご存知の方、いらっしゃいますか。すごい
です。私が見せて頂いたのは縫製された甲の側の革を木型に嵌めて形作
る工程でした。10時に訪問し、気づいたら午後1時半でした。この間の
詳細と感想は次回までお待ちください。


屈託のない浪人生活
 退職して「勤務時間」や「通勤時間」に拘束されることはなくなりま
した。朝から晩まで自分で時間の使い方を決めて過ごすことになります。
再就職支援会社では、早く就職した人と遅い人では契約の年収に差が生
じるものだと説明されます。再就職までの空走期間が長くなると書類選
考の段階でドロップしてしまうとも。これは再就職支援会社が一日も早
く卒業してほしいとの目線からの見え方で、要するに値が付く人は早く
に決まるし、そうでない人は条件が合いにくい。それだけのことではな
いのかとも思えます。

確かに自由な時間を長く過ごすと、だんだん感覚もルーズになってきて
いっちょ気合を入れて働くか、といった気分になりにくくなることも事
実かもしれません。私は大学浪人の時、1年間の宅浪を経験しています。
予備校もなく、模擬試験も一度も受験しませんでした。確かに勉強を始
めたのは、電車に乗ってきた学生の服が冬服に切り替わったのを見た時
からでした。うあっ、もう冬服の時期かと。

でも社会人をそれなりに過ごしてきた後の「浪人」生活はわるくありま
せん。一度くらい経験してみるのもいいです。よく言えば人生の厚みを
増すチャンスでもあります。もの造りに関わってきたことから、様々な
製品や作品を見てどのように作られているのか興味が湧くことがありま
した。でもそのままにしてありました。

家の中で生活していても、あったらいいなと思えるものに行き会ったこ
とはありませんか。それらを実際に作ったり、探してみたりする時間も
楽しいです。

ここからはそんな「浪人生活」の過ごし方をご紹介してみようかと思い
ます。更新頻度は極端に低くなるかもしれませんが、すこしづつ書き足
してゆこうと思います。

ちなみに今日は朝から奥浅草と呼ばれる「吉原」にある靴職人さんを訪
ね、紳士靴の製造工程をじっくりと3時間半にもわたって拝見させて頂
きました。次回はこの内容をご紹介します。


ソニーの肩書きを失って得たもの
 ここまで書いてきて漸く自分の本音に近づいてきました。こんな奴は
会社にいちゃいかん。こういう奴はもっと外に目を向けるべきだなどと
自分自身を奮い立たせるロジックを組み立て、自分を早期退職応募に導
いてきたことが改めて判ってきました。でもそれが本音だったし、それ
に正直に反応したいという自分があったのだと思います。

しかし社会人として常に「ソニーの」を後ろ盾にしてきた自分が自力で
魚が追えるのか。社員証もない、名刺もない、さらには職もない生活が
どのようなものか不安は大いにありました。

収入をなくし家計の固定費リストラを進めました。後述しますがまずは
保険関係の整理に着手しました。重複したサービスを見直し保険料の安
いものに片っ端から切り替えていきました。新しい保険への加入申し込
み書に捺印したところ奥から責任者が出てきてこう言いました。『あの、
失礼ですが無職の方ですね。無職の方は保険金詐欺につながるケースが
多いため受理されないことがあります。無職ではなく「主夫」としてお
いてください』。

かつての上司も申請中のクレジットカードが退職により成立しなかった
と嘆いていたことがありました。大手企業、優良企業、世界企業との名
をほしいままにしてきた会社でしか働いたことのない自分が裸でやって
いけるんだろうか。

退職後、日中は役所だの、職安だの、再就職支援会社だのと出歩くこと
も多くあまり気に留めませんでしたが、寝ている間は不安に襲われてい
たようです。毎日変な夢を夢をみました。追われる夢、喧嘩する夢、そ
して他を傷つけるようなものまでありました。やっぱり不安だったので
しょう。

でもほぼ完全に回復しました。そしてさらに肩書きのない素の自分とし
て心が開けたように思います。電車に乗ってもちょっとしたきっかけで
見知らぬ人と会話します。先ほどの保険の話でも建前を取り払い、所得
がないからこそ保障を担保したいのだと相談すると様々な選択肢が与え
られました。

今日も京急の品川から普通電車に乗ったら70歳くらいのおばあちゃんが
キャリーバッグ引きながら閉まりかけたドアをくぐるように乗り込んで
きました。そして『品川行きはこれでいいんですか』って。ここ品川駅
ですよと答えたらそのまま、また降りようとして挟まれかけましたた。
『おばちゃん、あぶない、あぶない』と引き戻しました。聞いたところ
行きたい先は羽田空港でした。1時間後の札幌行きに乗るんだとのこと。
各駅に乗っちゃって間に合わないかもしれない。『おばちゃん、10分捨
てても間に合うと思うから北品川から一旦戻りなさい。国内線は30分前
受付でも乗れるって言われてるから』と無責任なことを言って安心させ
ました。おばちゃんは一駅で降りて品川駅に戻ってゆきました。

ちょっと前なら余計なことはすまいとしていました。いつしか会社での
生活がそのまま自分の行動を規制していたようです。いつからそうなっ
たのか。若い頃は『おまえ、そこまで言うのかよ』などと非難される場
面が多々あったのに。

かつては相手の質問意図を汲む以前に自分の意見を発していました。も
し意図を汲んだつもりになって請けを狙った台詞を発したときに『そう
いう反応が返っくるとは思わなかった。残念だ』なんて思われたらそれ
こそ取り返しがつかない。そういう自分がいつしか色褪せていたことを
知らされました。聞かれたら自分自身の考えで回答する。どうしたらい
いのかは、どうしたいのかから結論する。それが自然にできる場所に戻
ってきたようです。

昨年10月に同期の30周年会を開催しました。会社の経営を担う面々や大
分前に会社をはなれ新しい生活のほうが長くなった人も多くいます。何
とアメリカ合衆国や四国からわざわざ参加してくれた仲間もいました。
数時間の宴席では誰もが例外なく30年前に戻っていました。それも私に
大きな波をもたらしたのかもしれません。その波のおかげで流木は新し
い潮に乗せられたような気がします。仕事も週末も楽しくてしょうがな
かった当時が懐かしく、もう一度取り戻してみたいと思うようになりま
した。

昔を知る仲間との挨拶は「なんであの頃はあんなに楽しかったんだろう
ね。やんなっちゃうくらい楽しかった」とお互いに当時を懐かしむ言葉
になっていました。

自分自身の『こころの時代』を探してみようと思います。楽しいことが
たくさんあるように思っています。

早期退職応募までのいきさつは今回でいったん終了することにします。
平たく言うと「今の会社に残って何スンの?」に回答しただけの事です。
皆さんの答えは如何ですか。

ここまでお付き合いありがとうございました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。